景品にあのヒット曲から「のまネコ」が登場

のまネコ
「のまネコ」などのほか、キャラクターものでは往年の東映名画から、「トラック野郎」のバスタオルなども出展されていた
ショーで出展されたUFOキャッチャーなどで使用される景品は、やはりキャラクターものがメイン。なかでも、ヒット曲、「恋のマイアヒ」で一躍有名になった「のまネコ」は、早くもさまざまなバリエーションでラインナップ。

「のまネコ」のキャラクターを活かして、飲み会での盛り上げグッズとして使えそうなハリセンや、たすきなども陳列されていた。

変わったものでは、流行のスープカレーのパックや、話題のジンギスカン味のキャラメルなどの食品も出展されていた。さらに、同ショーでは、ゲーム以外にもさまざまな遊具や関連製品が出展される。

日邦アミューズメントブースでは、空圧銃でボールを打ちだし、的に当てて得点を競い合うアトラクション遊具「ロボキッズ」を出展した。


「ドルアーガ」最新作にも長蛇の列が!

ナムコブース前にて
ゲームで使用するアイテムは合成して新たなアイテムを作成したり、色を変えるなどのカスタマイズも可能だ
ナムコブースのオンライン対応アクションRPG「DRUAGA ONLINE The story of Aon」も、注目タイトルとして、多くのギャラリーを集めた。このゲームは、同社の「ドルアーガの塔」をモチーフにしたもの。

タッチパネルでの簡単な操作を実現し、成長するキャラクターやアイテムなどのゲーム情報を記録するICカードを使用する。

ブースではこのゲーム本体に加え、キャラクター作成や装備変更、または友人とのアイテムトレードなどが可能なコミニュケーションタワーも設置されていた。

まだ参考出展とのことで、仕様変更などが予想されるが、まだ正式リリースが決定していない最新ゲームに触れられるのも、同ショーの魅力のひとつ。

次ページ最新プリクラは動画も撮影できて 携帯電話で撮影動画を見られるのだ!