中級者向けの“ちょいウマ”テクニックで魅せるプレーを!

クレーンゲーム
変わり種のクレーンゲームもいいけど、テクニックにもこだわってみよう
クレーンゲームを楽しんでますか?

ゲーム業界全体で、クレーンゲームをプレーするユーザーがやや減少傾向にあるということで、最近は景品の獲得率を上げる工夫を各店舗で行っている。

例えば、ゲーム機一台づつに専門のオペレーターを配置して、マシントラブルに対処するだけでなく、取り方のアドバイスやプレー前に景品の配置が乱れて取りにくくなった景品を再配置してくれるなどのサービスを行う店も。

もちろん、景品を引き上げるクレーンのアームをやや強めにするなど、ゲーム自体の難易度を低めに設定している店もある。ならば、難易度が落ちたゲームでただ景品を獲るだけの初心者プレーから、できるとかっこいい、ちょっと上手い=“ちょいウマ”なテクニックにこだわった中級者プレーを目指してみよう。

これまで難易度が高すぎてキマらなかった中級者向けのテクニックも、難易度の落ちたゲーム機ならバシっとキマる。友人に自慢できる魅せるプレーにこだわってもいいし、恋人が欲しがる景品を1チャンスでゲットする、そんなプレーを目指してみよう!ちなみに初心者向けテクニックはコチラをチェック。


大きいぬいぐるみなどの長めの景品は「3点バランス」!!

3点バランス
アームと景品を側面から見た図。起きあがった景品をアーム本体で支えるようなイメージでプレーする
中級者向けのテクニックとして、やや難易度は高いものの、少ないプレー回数で景品を獲得したいなら「3点バランス」。これはアームによる2点と、アーム本体の1点、計3点で景品をホールドするバランス系テクニック。

このテクニックを試す前に確認しておきたいのは、アーム本体と景品の大きさ。大きなぬいぐるみのように、アームですくって倒れ込む景品をアーム本体の片側で支えこむテクニックなので、アーム本体と景品の間に隙間がありすぎると、するりと景品が抜け落ちてしまうからだ。

また、差し込むアームのポジションも重要。アームがすくって景品が起きあがり、アームの本体にひっかかるようにするには、景品の中央部前後にアームを差し込まなければならない。この差し込むポイントは景品によって異なるので、あらかじめさまざまなタイプの景品で練習し、位置取りを体得しよう。

まだまだあるちょいウマテクニック!