今月は振動式のタッチパネルを上下に2画面装備したセガの新キッズカードゲーム機や、バンダイナムコゲームスとカプコンの協業に関する情報など、アミューズメント関連の情報を幅広くご紹介します!!

<ニュース・バックナンバーは コチラから>

ダブルタッチスクリーンのキッズカードゲーム機を開発

「リルぷりっゆびぷるひめチェン!」筐体
「リルぷりっゆびぷるひめチェン!」の筐体
(C)SEGA・小学館・陣名まい
セガは、2画面のタッチパネルを搭載した新キッズカードゲーム筐体を開発したと発表しました。また、このゲーム筐体を採用する第一弾タイトルは、同社と小学館が共同開発する「リルぷりっゆびぷるひめチェン!」で、稼動開始時期は今冬を予定しています。

搭載される振動式のタッチパネルは上下に2枚配置され、バーコードリーダーを下画面の下に装備しています。この新筐体の第一弾タイトルとして開発が進められている「リルぷりっゆびぷるひめチェン!」は、小学館の女児向け月刊誌「ぷっちぐみ」、学年別学習雑誌「小学一年生」にて連載中の漫画「リルぷりっ」をテーマにしたもので、歌やダンス、おしゃれ、魔法、アイドルといった要素を盛り込んだものとなっています。

○ズバリ!ココに注目!!
上下2画面のタッチパネル(こちらはどちらもタッチパネルですが)というと、ニンテンドーDSなどを連想してしまいますが、こちらのパネルは振動式。触れた際に画面が振動することで単に操作するだけでなく、触感に訴えるゲーム展開などを組み込むことも可能となっています。また汎用性の高い筐体ということで、今後は男児向けのゲームなどもラインナップされると思われます。

<関連サイト>
セガ公式サイト
ガイドオススメ記事「ライド系なども登場したキッズカードゲーム」

バンダイナムコゲームスとカプコン、アミューズメントゲーム機で協業

「マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー」筐体
「マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー」の筐体
Licensed by Nintendo (C)2007 Nintendo / (C)2007 HUDSON SOFT / (C)CAPCOM CO.,LTD.2009 ALL RIGHTS RESERVED.
バンダイナムコゲームスとカプコンは、アミューズメント事業の協業に関する合意書を締結したことを発表しました。この提携により、バンダイナムコゲームスはアミューズメントゲーム機販売機種の拡充、カプコンはアミューズメントゲーム機販売台数の最大化を主目的として、開発から販売まで互いの持つ資源を最大限有効活用したビジネスの具現化を目指すとしています。

また第一弾として、バンダイナムコゲームスは、カプコンが企画・開発し、今秋に稼働を予定しているメダルゲーム機「マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー」の販売・メンテナンス業務を行う予定です。今後、両社は有益な業務の可能性を探るため情報を交換し、新たなビジネスの実現に向けて検討を進めていくとしています。

○ズバリ!ココに注目!!
家庭用ゲーム機に押され、ゲームセンターなどで展開するアーケードゲームは厳しい状況にあると経済紙などで伝えられています。今回の提携もそんな状況を背景にしたもの。第一弾として発表された内容は販売とメンテナンスに関するものですが、今後は業界全体の活性化を図るためにも、両社がもつコンテンツなどを活かした新タイトルなどの開発にも期待したいものです。

<関連サイト>
バンダイナムコゲームス公式サイト
カプコン公式サイト

「DARTSLIVE」のネットワークサービスを香港で運用開始

店舗内画像
「i DartsClub」の店舗内画像
業務用エレクトロニックダーツマシン「DARTSLIVE」の総合的なネットワークサービスを運営するダーツライブは、香港のTKG ASIA LIMITEDと契約し、同社が香港の九龍にオープンするダーツバー「i DartsClub」にて「DARTSLIVE」サービスを今夏より開始すると発表しました。

「DARTSLIVE」のネットワークサービスとは、日本全国2,500店舗以上のダーツバーに導入されているネットワーク対応エレクトロニックダーツマシン「DARTSLIVE」「DARTSLIVE2」に専用のICカードを挿入してプレーすることで、携帯電話・PCからいつでも自分の成績やランキングを確認できるネットワークサービスのこと。これまで海外ではイベントなどで運用されてきましたが、本格的な海外での運用はこれが初めてとなります。

○ズバリ!ココに注目!!
「DARTSLIVE」のネットワークサービスではこれまで、ユーザー同士でグループを作りメッセージを交換する機能や、仲間がどこでプレイしているかを表示する機能などが実装されています。このため、今回の海外運用により、海外のプレーヤーと同じグループを作って交流を深めるなど、今までになかったグローバルな楽しみ方が可能になります。

<関連サイト>
「DARTSLIVE」公式サイト
ガイドオススメ記事「ダーツ専門店で“モテ力”アップ!」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。