PCライクな次世代基板で「アフターバーナー」が復活

次世代業務用汎用CG基板LINDBERGH
端子部はPCの背面のようで、ネットワーク機能と、アプリケーションの不正な複製を防止する独自のセキュリティシステムを搭載する
さて、同ショーでは、ゲームの実機だけでなく、今後のゲームリリースのスケジュールなど、最新情報が公開されることもある。セガブースでは、次世代の業務用汎用CG基板「LINDBERGH」が発表された。

この次世代業務用汎用CG基板により最新ゲームタイトルが稼働するわけだが、興味深いのはそのスペック。PCのスペックをよくチェックする人には見慣れた言葉が並ぶ。

「LINDBERGH」は、CPUにHTテクノロジ対応のPentium 4 3GHz、メモリにDDR SD-RAM PC3200 512MB×2、グラフィックチップには256MBメモリ搭載のNVIDIA製GPUを搭載するなど、PCベースで構成されている。

スペックやその外観を見る限り、「LINDBERGH」は高いスペックを要求する3D CGを使用したPCゲームも快適に動作しそうなPCそのもの。これらのスペックにより、従来の基板では表現できなかった高画質映像と、高音質なサウンドを可能にしている。

その対応タイトルには、全操作をタッチパネルで行う異色のアクションシューティングゲーム「サイファイ」や、可動式のゲーム本体で戦闘機のドッグファイトを再現するフライトシューティングゲーム「アフターバーナー」などがラインナップされる予定。

また、「LINDBERGH」にラインナップされる3D格闘ゲームシリーズ最新作「バーチャファイター5」は、キャラクターの無精ヒゲや傷をこれまでのシリーズに比べ、よりリアルに表現するなど、クオリティの高いゲームグラフィックが大きな注目を集めていた。


動画も撮れるプリクラマシンが登場

大平技研ブースにて
現在、対応する携帯はNTTドコモのFOMAと、auの2機種となっている
プリントシール機、いわゆるプリクラの出展で気になるのは、大平技研が出展した新型のプリントシール機「Digi★Star」。

プリントされたプリクラに印刷されたQRコードを携帯電話で撮影することで、プリクラ撮影時の動画が携帯電話にダウンロードできるというもの。静止画のプリクラだけでなく、動画も携帯にダウンロードでき、今後、話題を呼びそうなプリントシール機だ。

このほか、タイトーブースでは、2ヘッドで解像度1200dpi相当のラメ・プリンターを搭載したプリントシール機「ミンナの気持ち、僕らの詩」も多くのギャラリーを集めていた。

このプリントシール機、前後にスライドするベンチ付きの梯子を装備し、リモコンシャッターと組み合わせて自由なポージングを可能にしている。大勢でポーズにこだわった撮影を楽しむのに最適なプリントシール機だ。

次ページ大ヒットゲーム「ムシキング」に続くか?! 対戦カードゲームが各社より続々発表!