ムシキングに続け? 対戦カードゲーム、続々登場

ゲーム筐体と玩具
玩具の「ゾイド」を横に展示される「ゾイドカードコロシアム」。ゲーム画面下の機器がカードリーダー
また、今回のショーでは、ヒットしたセガの子供向け対戦カードゲーム「甲虫王者ムシキング」の影響か、対戦カードゲームの出展が目立った。

セガでは恐竜の迫力ある対戦が楽しめる「古代王者 恐竜キング」、タイトーでは人気玩具「ゾイド」をテーマにした「ゾイドカードコロシアム」など。

いずれもカードリーダーを使用して、それぞれのカードからデータ読み取ってゲームに反映させるシステムを搭載する。ゲームシステムもシンプルに、じゃんけん形式の3つのボタンで操作できる簡単なゲームシステムを採用している。

ゲーム筐体
一方、セガは男児に人気の恐竜をテーマにした対戦カードバトルゲームをリリースする
今や「甲虫王者ムシキング」はTVアニメ化されるほどの人気タイトルとなった。今回出展された最新ゲームのなかから、「甲虫王者ムシキング」に続くヒットゲームの誕生なるか?


アミューズメント業界の未来に触れてみてはいかが?

電動オート三輪
公道では使用できないが、価格は3万7800円と低価格で、レクリエーションや施設内の移動などに役立つとアピールしていた
また遊具以外でも、ラブロスが輸入販売する充電式の電動オート三輪「SubWay」が出展するなど、幅広いジャンルの製品が数多く出展された。

このように、最新作のゲームや景品だけでなく、遊園地などのアミューズメント施設に卸される遊具や関連製品なども出展されるのが、このアミューズメントマシンショー。

そのタイトル通り、アミューズメント業界に関わるさまざまな製品が出展される。そんなショーに来年、足を運んで、アミューズメント業界の未来に触れてみてはいかがだろうか?


<関連サイト>
ガイドおすすめ記事「世界最大のゲームショーE3開催!」
ガイドおすすめ記事「新作ゲームを一足先にチェック」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。