レギュラー&グーフィー方向の基本姿勢

レギュラーの基本姿勢
真ん中に乗せていた身体を右側のレール上に移動させる(レギュラー)
レギュラーの基本姿勢
しっかり右側のレールを入れて、レギュラー方向へスピードアップ!
テイクオフをしてからレギュラー、もしくはグーフィーへ進むためには、「横移動と波の見分け方」を使って、自分が進みたい方向へ目線を向けることが大切。ただ、それだけではレールに少しだけ体重がかかっているという状態で、ただ波の斜面を斜めに進むだけになってしまう。そこで、今度はさらにしっかりとレールに体重をかけて、スピードのあるライディングができるようにしよう。

波に乗ったら、まず曲がりたい方向の斜面全体(今回はレギュラーをベースに解説するので右)を見る。この時点で頭の位置が少し右のレール側に寄ったことで体重がレール側にかかり、ボードが右方向へ向き始める。しかしこれだけではスピードがつかないので、次にボードの中心に乗っている身体全体を右のレール側に移動する。どれくらい移動するかというと、アゴとおへそがレールの上に来るくらいの気持ちで移動させる。体重がしっかりと移動できたら岸側の手をヒジがついていた位置まで下げて、そこでレールを軽く握る。この姿勢がレギュラー(右)に進む時の基本姿勢になる。

簡単そうに思えるこの姿勢だが、上半身の移動は自分でも目に見えるのでさほど難しくないのだが、下半身は水の中に入ったままで見えないので、意識をしっかりしないと移動しにくい。下半身が移動できないと、ボードに対して上半身は右より下半身が真ん中となり、斜めに乗ってしまうことになり、レールがうまく波に入らず正しい向きにボードが向かなくなってしまう。

右のレールに身体全体がしっかり乗っていれば、水面と接するのがレール近辺だけになり、水の抵抗が少なくなってスピードが出やすくなる。しかしボードに斜めに乗ってしまうとボトム全体が接水して水の抵抗を受けてしまい、スピードが出なくなってしまう。横に行く姿勢のコツは「ボードに乗る」のではなく、「レールに乗る」のだということを意識すると正しい姿勢をキープできるようになる。



<関連リンク>
ボディボード 横移動と波の見分け方
ボディボードの基本姿勢と波の乗り方
ボディボードの部位の名称&キック&パドリング
ボディボーダーの紫外線・日焼け対策
ボディボード、海でのルールとマナー
ボディボード事前準備、波に乗り、危険回避
ボディボードに必要な道具・グッズ
ボディボードとは?
初心者向けボディボード(長さ)の選び方
初心者向けボディボード(幅)の選び方
初心者向けボディボード(厚さ)の選び方
初心者向けボディボード(テール)の選び方
初心者向けDVD『Ador HOW TO BODYBOARD』
初心者向けDVD『Ador ADORABLE』
ブルーアチーブ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。