パウダーを滑っている時の独特な浮遊感には、言葉では表現できない最高の気持ち良さがある。
【パウダー入門】バックサイドターンに続き、今回はフロントサイドターンをご紹介。

さっそくですが、まずは前回説明したパウダーでターンをする時のポイントをおさらいしておきましょう!

・積極的な後ろ足荷重
・ボードの「エッジ」ではなく「面」を使ってターン
・「膝の抱え込み」によるターンの切りかえ

まだパウダー未経験者の方は、文章や写真を見ただけではイメージが膨らまないと思いますが、1度でもパウダーの浮遊感を体験したことのある方は、その時の場面をなんとなくでも思い出してイメージをフル活用します。今の自分なりのイメージでオッケーなので、自分がパウダーライディングをしている姿を頭の中にドンドン描いていきましょう。

画像の代替テキスト
パウダーライディングでは、ボードがパウダーの抵抗を受ける為、「スピードの維持」がとても難しい。なので始めはあまり大きなターンではなく、スピードの維持を優先しながら、小さなターンをしてみよう!

では、さっそく実践に入ります!