みなさんはどのようなハンガーでウエットスーツを干してますか? 細い針金のようなハンガーでは肩の部分が極端に出っ張ってしまい、ウエットスーツにかなり負担をかけてしまいます。長い間、そのようなハンガーを使用してれば、大切なウエットスーツに穴が空いてしまうことも。今回ご紹介するアイテム「肩守る君」は、ウエットスーツを大切に干すことができる、そんな究極のハンガーなんです。

「肩守る君」を実際に使用してみた

kata1
見て一番最初に思うのが、その太さ!
名称とおり、肩をしっかりと守ってくれそうなショルダー部分。これならウエットスーツの型崩れも心配ありません。

kata2
丈夫な作りで大切なウエットスーツも安心
「肩守る君」のサイズは置いて計った状態で幅約54cm、肩の幅約12cm、高さフック部分も入れて約39cm。かなり大きめに仕上がっています。

kata3
一般のハンガーの場合、生地が伸びているのがわかる
一般的なハンガーと比べてみてました。細めのハンガーでは冬用の重いフルスーツはやはり肩部分が激しく突き出てしまい、かなり負担がかかってるように見えます。

kata4
「肩守る君」なら変な突っ張りなし
一方、肩守る君を使用すると、肩の部分もごく自然。まったく出っ張りがありません。これなら生地を傷める心配もありません。

kata5
肩守る君¥1,575(税込)
カラーは、イエローグリーン、ブラック、ブルーなどがあります。

今回の「肩守る君」は、ハンガーのショルダー部分幅が十分にあるので、ウエットスーツを立体的に干すことができます。よって、速乾性にも普通のハンガーを使うより優れていると実際に使ってみて思いました。もちろん、型くずれの心配もこれで解消。

ウエットスーツを少しでも長持ちさせたいとお考えの方、肩が突き出して困ってる方、この「肩守る君」をお試しください。



<関連リンク>
オッシュマンズ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。