●促進ルール
促進ルールとは、試合進行の遅れを防ぐためのルール。ゲームが10分経過しても終わらない場合のほか、双方の選手が合意した場合に適用される。このルールでは、試合は以下のようになる。

▽サービスは1本交替
▽サーバーがサービスを含めて13回打球する間に得点できなければレシーバーの得点
▽残りのゲームはすべて促進ルールで行われる

従来、9オール以降に10分が経過した場合でも、次のゲームからは促進ルールで行われていたが、自動的に適用されることがなくなった。8-7などのスコアで10分が経過した場合、その後はすべて促進ルールが適用される。

●タイムアウト
タイムアウトとは、ゲームの途中(ラリー中は認められない)にとることのできる1分以内の休憩のこと。1試合に1回だけ認められている。

従来、このルールを適用する大会は限られていたが、原則としてすべての大会に適用する。ただし、全国大会の予選などで適用しない場合は、その旨を大会要項に明記する。

タイムアウトの要求について、選手とベンチの意思に食い違いがあった場合、個人戦では選手の意思を、団体戦では監督の意思を採用する。