長さ、フォロースルー等工夫し効果的に使いたいサーブ

バックハンド横回転サーブとは……ラケットを持つ手(利き手)の反対側から放つボールの横回転をともなうサーブのこと


打ち方(右利きの場合)

■左回転の場合の手順
  1. 右足前(または平行足)の構えをとります。
  2. 右足に体重をのせ、バックスイングを取ります。
  3. ラケットの先を下に向け、体の近くでボールの右側をインパクトします。
  4. ボールを横に引くようにフォロースルーします。

■右回転の場合の手順
  1. 右足前(または平行足)の構えをとります。
  2. バックスイングでラケットの先を上に向けます。
  3. 手首を利かせて、体の近くでボールの左側をこすります。
  4. 左足に体重移動しながら、フォロースルーします。

     

ポイント

バックハンド横回転サーブはインパクトを隠しにくいので、フォアに比べ使う機会は少ないかと思います。
それ故、時折交えることで相手の意表をつくことができます。


有効な練習方法

バックハンド横回転サーブは、少し難しいこととあまり使う機会がないということで、台上に印を付けるなどして、狙い通りのところに打てるような練習をするのが第一かと思います。

サーブの長さ、コース、回転を変えつつイメージ通りに打てるように、さらにインパクトが相手に見えづらくなる工夫やフォロースルーに変化を付けてみるなどです。