ボールの進化は日進月歩

最新のゴルフボール。外観はほとんど変わっていないが、性能は大きく向上している(写真はブリヂストン「TOURSTAGE」)
460ccの大型ドライバーや、異素材を組み合わせたクラブヘッド、複雑な形状のマレット型パターなどゴルフクラブはこの10数年で大きな進化を遂げています。こうした明らかに見た目の差のあるクラブと比べると、ゴルフボールの違いはわかりにくいもの。

実際はボールも技術革新によって、むしろクラブ以上に大きく進化したともいえるのですが、色は白、大きさもほぼ一緒で変わっておらず、見た目の違いはよくわかりません。こうした違いのわかりにくさは、ボールの選びにくさにもつながっているようです。

しかし、同じように見えるゴルフボールもその特性には、はっきりとした違いがあり、ゴルファーのタイプやプレースタイルによって適したボールはそれぞれ異なります。うまくマッチしたボールを使用することでスコアアップも期待できます。

そこで今回は、2回に分けてボールの性能の違い、自分にあったボールの選び方について解説していきます。

>>次は、ボールの硬さについて>>