第65回マスターズが終了しました。いやぁ~興奮しました!!!!もう最後まで目が離せなかったですね!優勝は97年以来2度目のグリーンジャケットを手にしたタイガー・ウッズでしたが、昨年の全米オープンからメジャー4連勝です。凄すぎますね。日本人にとっては伊沢プロと片山プロが予選通過でこちらも嬉しい結果でした。ここで最終結果上位をおさらいします。

優勝---------タイガー・ウッズ         トータル:-16 最終日:68
2位-----------デビット・デュバル        トータル:-14 最終日:67
3位-----------フィル・ミケルソン        トータル:-13 最終日:70
4位タイ----伊沢利光              トータル:-10 最終日:67
4位タイ----マーク・カルカベッキア トータル:-10 最終日:72
6位タイ----ジム・フューリック         トータル:-9
6位タイ----アーニー・エルス              トータル:-9
6位タイ----ベルハルト・ランガー      トータル:-9
6位タイ----カーク・トリプレット      トータル:-9

なんといっても伊沢プロですね!初出場で4位タイです。この記録はもちろん日本人最高です。しかも3イーグルは今回出場選手では伊沢プロ一人だと思います。凄かったですね!最終日15H-PAR5でイーグル、続く16H-PAR3でバーディ。シビレました、カッコ良すぎです。

今回はベスト3プレイヤーに感じた事!気づいた事を少し・・・・

まずは、優勝のタイガー・・・本命のプレッシャーの中、優勝できる力は恐ろしいですね。昨年オフに彼女との別れにより傷心で調子がイマイチなどと言われていましたが、そんな事微塵も感じさせないすばらしいプレーでした。最終18Hのバーディフィニシュは流石でした。

惜しくも2位のデュバルは契約問題でタイトリストと揉めたり、身体を壊したり・・・今年もあまりトーナメントには出場していませんでしたが、オーガスタはとても相性が良いと思います。最終日の8バーディはまさに興奮材料で最後まで盛り上げた役者でした。メジャーは無冠ですがもし勝つとしたら、やはりマスターズじゃないかと思います。ナイキに身を包んだデュバルはとてもカッコ良かったですね!タイガー&デュバルとナイキ社はかなりの広告効果があったと思います。

最終組でタイガーとプレーしたミケルソンもメジャーは無冠です。惜しいパットを決められず3位のフィニシュでしたが、ミケルソンの場合はちょっと自滅って感じでした。最終日は70ですからアンダーパーで回っているのですが・・・もしかしたらミケルソンは生涯メジャー無冠?なんて思わせる展開でした。至上最強のレフティはいつ?メジャーを捕れるのでしょうか?

最後になりましたが、今年のマスターズは例年になく興奮しました。ビックネームが期待通りの活躍!そして伊沢プロの快挙。今年のこりの3戦がとても楽しみです!次は6/14から全米オープンです!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。