崔兄弟に聞くインタビュー後編

兄・RYO&弟・領二。兄弟揃っての飛躍を目指す
『HERO'S』で闘う、兄・RYO。そして、ZERO1-MAXやハッスルで活躍する弟・崔領二。

更なる高みを目指す二人の飛躍は、兄弟揃ってのものでなければ意味がない。崔兄弟に聞くインタビュー後編は、RYOが積み重ねた韓国での実績、そして、昨今、お笑い、映像とチャレンジ精神旺盛な領二の感性に迫った。
[前編はコチラから]

誰かが出るなら、誰かが応援に行く。家族では当たり前

――私にも弟がいますが、そんなに仲良くはありませんよ。

RYO「セコンド付いたり、一緒にやってはいますけど、仲が良いというよりも、必然というか、それが当たり前になっていますよね」

領二「家族の運動会に母親がくる。誰かが出るなら、誰かが応援に行く。確かに当たり前のことかもしれません」

――ちなみに、3人兄弟の一番下は?

領二「妹なんですよ」

――RYOさんが、アマ修斗に出場された頃、領二さんもプロレス(ZERO-ONE)に入門した。時間的な差はあるかもしれませんが、一緒にスタートラインへ立った訳ですよね?

領二「そうですね。僕はプロレス入って、すぐ欠場してしまい、こっちはバイトしながら格闘技をやっていた。でも、周囲は、プロレス=就職とは見てくれなくて、“なんで就職しないんだ?”ってすごい言われましたよね」

RYO「どこの家庭でもあるじゃないですか?本気で心配している訳じゃないのに、“就職もせんと何やってんの?”っていう親戚」

――アマ修斗の後は?

RYO「韓国のスピリットMCという大会に出場しました。もともと高校を卒業して、語学を学びに韓国へ行ったんですが、そこで、何を間違ったのか、格闘技と出合ってしまい、弟の影響もあったんですが、向こうで仕事をしている先輩がいて、その人なんかと一緒に練習するようになったんです」