日本マット界で薬物検査が行われないのは?

多摩脳神経外科 副医院長を務め、リングドクターとしても多忙な日々を送る綱川先生に話を聞いたインタビュー後編
プロレス&格闘技界に蔓延するドーピングの問題は、悪化の一途を辿っている。アナボリックステロイドの副作用は、心身を蝕み、時として人の命さえも奪ってしまう。

使用する選手は正しい知識を有しているのか?主にアメリカマット界を中心とした薬物検査の実態は?日本マット界で薬物検査が行われないのは何故か?記憶に新しい、クリス・ベノワの事件とは?

その恐るべき実態が次々と明るみに出る中、リングドクター・綱川慎一郎先生に、素朴な疑問をぶつけてみた。『綱川先生に聞く、ドーピングについて』インタビュー後編。
【前編はコチラ

「説ではなくて、副作用だと思います」

――最近では、ステロイドの副作用なのか、急死するプロレスラーも増えています。

綱川先生「そうですね。もちろん、選手にもよりますけど、自分が最後にエディ(ゲレロ)さんに会った時も、ひどく落ち込んでいる様に見えました」

――特に、エディ・ゲレロやクリス・ベノワの急死について、報道ではステロイドの副作用説が大きく取り上げられました。

綱川先生「説ではなくて、副作用だと思いますね」

――例えば、海外ではWWEを含め薬物検査を実施している団体、格闘技イベントはいくつもあります。もちろん、これに限った話ではないのですが、薬物検査の抜け穴を掻い潜るような新薬が次々に出てきているとも言われます。

綱川先生「完全にいたちごっこになっていますし、実際、これらのイベントがどういったテストをしているのかという意味でも曖昧ですね」