最初のマスクの素材は女性下着!

■前回の記事はこちら
覆面レスラー物語1:元祖はなんと慶応元年デビュー

画像説明34

白覆面の魔王ザ・デストロイヤー

白覆面はデストロイヤーの代名詞。引退してから20年以上経った今も、来日した時には常にマスクを着用してホテルなどにも出入りしているのですから、もはやマスクが素顔と言ってもいいかもしれません。本名のディック・ベイヤーでデビューしたデストロイヤーがマスクを初めて被ったのは1962年4月。今から52年以上も前のことでした。

覆面レスラーになるつもりはなかったのですが、62年春、素顔のレスラーとしてハワイで活躍していたデストロイヤーはロサンゼルスのプロモーターにスカウトされたことで運命が変わります。何とロスのプロモーターは本人に相談することなくアスレチック・コミッションにマスクマンのデストロイヤーとしてのライセンス申請をしていたのです。そのデビュー戦に用意されていたマスクはウール製で、目の部分にふたつ穴が開いているだけ。視界が悪く、呼吸も出来ない粗悪なものでした。

その翌日、困ったデストロイヤーはレスラー仲間のオックス・アンダーソンが持っていたマスクを借りて試合しましたが、これは顔にフィットして快適だったといいます。オフの日に早速、夫人と一緒にデパートの女性下着売り場へ。いくつものガードルを顔に当てて試着し、遂にたどり着いたのがスモール&トールサイズのガードルでした。晩年のデストロイヤーのマスクはデサント製でしたが、75年頃までは夫人お手製のマスクを被っていたのです。

夫人お手製のマスクを被ったデストロイヤーは足4の字固めを武器に快進撃を続け、ロス入りから3カ月後の62年7月27日にサンディエゴでフレッド・ブラッシーを撃破してWWA世界ヘビー級王座を奪取しました。覆面レスラーが世界王者になったのは、その半年前の1月9日にバーン・ガニアを下してAWA世界ヘビー級王者になったミスターM(正体はビル・ミラー)に次ぐ快挙でした。デストロイヤーのファイトマネーはマスクを被ったことで素顔時代の2倍になりましたが、さらに世界王者になったことで3倍になったのですから結果的に変身は大成功でした。

世界王者となったデストロイヤーは翌63年5月に初来日しました。ミステリアスな白覆面、日本初上陸の拷問技・足4の字固めはたちまち日本国中の注目の的になり、5月24日の東京体育館でデストロイヤーのWWA世界王座に力道山が挑戦した一戦は1万2千人の大観衆を動員、日本テレビでの生中継の関東地区の視聴率は何と64%(ビデオリサーチ調べ)になりました。これは日本テレビの史上最高視聴率で、未だに破られていない記録です。