直感に従って撮る

自分らしい一枚を撮るポイントの最も大きいポイントは、やはり自分の直感に従って撮る、ということに尽きます。

誰になんと言われようとこのシーンが撮りたい、こういった桜の表情が好き、そんな直感を感じたら迷わずレンズを向けてみましょう。それこそ、あなたにしか撮れない桜の写真が撮れる瞬間です。

ここでのポイントは、他のひとからどんな風に見られるかななど他人の評価を気にすることなく自分が感じたまま撮ることが大事なことです

結構写真を撮る時には、他人からの意見や視線を気にしがちなものです。その殻を破って自分なりの写真を撮るという姿勢を持つことが、なんといっても自分らしい一枚を撮るために必要なことなのです。

テーマを考え、状況に応じて、そして最後は直感に従って撮ってみる、そんな自分だけの桜の写真撮影にトライしてみませんか?

自分らしい桜の撮り方
桜ではなくそれに群がるミツバチになにかを感じたのなら、その直感にだって従って撮ってみます。

自分らしい桜の撮り方
直感はいつ訪れるかはわりません。歩いていて"これは!"と感じたらすかさずシャッターを切れる準備をしておきたいものです。


桜の撮り方については、下記の記事もご参考にどうぞ!


写真・テキスト 瀬川陣市
Photo&Text(c) Jinichi Segawa - All Rights Reserved.
記事・画像の無断使用・転載は禁止します。

ガイド瀬川陣市へのご依頼・お問い合わせ


■関連記事




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。