上手に写真を撮るポイントのひとつは構図の作り方。いろんな構図の学び方がありますが特に難しい知識がなくても出来る方法をご案内しましょう。イメージ力を使うので脳トレにもなることでしょう。写真を楽しんで鑑賞してみませんか?


【各ページのポイント】
脳にパターンをインプット ・・P1
構図のバターンが見えてきた! ・・P2
練習問題1,2にトライ! ・・P3
練習問題1,2の回答例(先に回答を見ないように) ・・P4
練習問題3,4にチャレンジ! ・・P5
練習問題3,4の回答例 ・・P6


写真の出来は構図の作り方でほぼ決まる

写真を撮るときのポイントはいくつかあります。露出を決めたりシャッターチャンスをとらえたりといろんな要所も的確に撮影しないとなりません。これらを揃えて撮れても構図が出来てないとその写真は締りがない出来になってしまいます。それくらい構図は大事なもの。

写真を撮った後からでも、写真の構図を作り直すことがあります。これをトリミングというのですが、撮影した写真からさらに不要な部分を省く作業をします。トリミングをするということは、余計なものが入り込んでいるということですから、撮影する段階で構図が満足に出来ていれば後からトリミングをする手間はかからないわけです。

その構図、上手に作れるようになるには、ちょっとした意識のあるものの見方でできるようになるのです。その方法をご紹介しましょう。

脳にたくさんのパターンをインプットする

構図を理論的に説明するときには、まず黄金分割比率などを用いるのですが、瀬川流構図解説ではあえて最初は理論的なことからは始めないで進めたいと思います。黄金分割比率などについてはまた別の記事にて解説する予定です。

写真を撮り慣れている人たちはどのように構図を作っているのか、ビギナーの方なら知りたいとこでしょう。写真をある程度撮っていると、構図パターンがファインダーを覗いた時に瞬時にいくつか思いつくようになります。

なぜ、すぐに構図パターンを思いつくのか、それはこれまでに脳にインプットしてきた構図パターンがたくさんあるから。その蓄積したパターンから構図をすぐ作れるようになるのです。つまりどれだけ写真の構図を見てきて脳にインプットされているかが構図の作る上でのひとつの指標となると言ってもいいかもしれません。

私たちが普通に生活していて、一日に目にする写真の数はかなりの枚数になります。なのになぜ構図がうまくならないのでしょう。それは写真を見るのにも二通りあって、日頃何気なく見ている見方は、情報を読み取るために見ているから。雑誌などをめくって見ている写真の見方などは、だいたいは情報として写真を見ていることが多いのではないでしょうか。

物であればそこにあるデザインや質感などの情報を得ようとしていたり、人物なら可愛らしさやかっこよさというものを読み取ろうとしがちです。

しかし、構図が上手になるには、それとは違う見方をする必要があります。

写真全体を眺め、骨格を探してみよう

では、どのように写真を見ていけばいいのかをご紹介しましょう。

まずは写真全体を眺めます。そこに写っているものによって感じることは様々でしょうけど、ここでは構図のことだけなので写真の内容については考えないこととします。

上手な写真は骨格がしっかりできています。「えっ骨格、骨があるの?」と思われるかもしれません。軸という言い方をしてもいいでしょう。一枚の写真に写っているものには構成している軸となるラインがあります。それをここでは骨格と呼ぶこととします。

多くの写真にある骨格のラインを見出すことで、構図のパターンがおのずと脳にインプットされていきます。自然とインプットされているものとは、この写真が構成されている骨格ラインのパターンのことなのです

それでは、この骨格、どのように探せばいいのでしょうか。まずは、簡単な例題で探してみましょう。ここにある海岸の写真。この写真の骨格となっているラインはどこでしょうか。大ざっぱなラインでいいので探してみてください。探し方のヒントとしては、感覚的に最初に目が行く部分に注目してみることです

考えるのではなく、感覚的にとらえるようイメージから感じ取ってみるとやりやすいかもしれません。

例題1
海岸の写真の骨格となっているラインを読み取ってみてください。これは簡単な初級編です。



この例題の回答例は次のページでどうぞ!