フラッシュを入れて撮ると雪が輝いて写る


雪の撮り方
降ってくる雪にレンズを向けて撮影。雪が舞っているのはよく写っています

雪の撮り方
上の写真と同じ状況でフラッシュを強制発光させて撮影。降ってくる雪にフラッシュの光が反射して丸く光って写ります

降っている雪を利用して雪が光っているように撮ることができる方法があります。

降っている雪を見上げるようにレンズを向けて撮影します。レンズに向かって雪が降ってくるのでフレーム全体に雪が写ります。この場合はズームレンズはワイド側にして広い範囲を写したほうが撮りやすいです。

単に降っている雪にレンズを向けても十分雪景色が撮れますが、ここでひと工夫すると雪を輝かせた写真にすることができます。

その方法とは、フラッシュを光らせて撮ること

フラッシュの光で、レンズの近くに降っている雪が反射して、丸く光ってオープのようになって写ります。この方法を利用するとどこか幻想的な風景写真とすることもできます。

明るいところでフラッシュを光らせて撮影するには、フラッシュの設定値を「強制発光」に選択します。「強制発光」はどんな状況でもフラッシュが光るのであとは雪に向けて撮影すればOK。

雪に向けて撮影するときは、カメラへの防水対策もお忘れなく。カメラ用のレインカバーなどが売られているので利用するのもおススメです。

冬の季節でしか撮れない雪景色も上手に利用して撮影してみましょう!


写真・テキスト 瀬川陣市
Photo&Text(c) Jinichi Segawa - All Rights Reserved.
記事・画像の無断使用・転載は禁止します。

ガイド瀬川陣市へのご依頼・お問い合わせ


■関連記事


■関連リンク集



■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。