テレビでよく見るスローモーション。それと同じような撮影ができるデジカメが出ました。なんと1秒間に30コマも撮ることができます。これがどれだけすごいかは、1秒間に30回シャッターを押してみようとすればわかるはず。

この高速撮影を利用すると、これまでは撮れなかった瞬間が簡単に撮れたり、便利な使い方ができます。実際に撮影した写真を元に、応用方法もご紹介しましょう。

カシオEX-FC100でハイスピード撮影をトライしてみる

今回、秒30コマ撮影できるカメラとして紹介するのは、カシオのEX-FC100。高速撮影が得意なカシオが新たな機能として出したのが、このハイスピード撮影。

通常のワンカットずつの撮影に加えて、一回のシャッターを押すだけで、30コマの撮影ができるモードが搭載されています。モードの切り替えは、「30」と書かれあるボタンを押すことで完了。高速撮影も秒3コマから30コマまで段階ごとに選択ができます。

オート露出でこの高速撮影をすると、明るさに応じて露出が決まり、1秒間に撮れるコマ数もそれによって変わってきます。秒30コマで撮るには、ある程度明るい場所での撮影が必要です。

またバスト連写といって、シャッターを半押ししている段階からも画像を記録し始める機能もあり決定的瞬間を逃しにくい工夫もされています。

EX-FC100
カシオEX-FC100のボディ正面。レンズ枠が大きく、ハイクラスっぽい雰囲気のデザイン

EX-FC100
30と書かれてあるボタンを押すことで高速撮影に切り替わります

EX-FC100
サイズは、普通のコンデジの大きさ。手のひらにすっぽり収まります


次のページで、実際に秒30コマで撮影した画像をご覧ください!>>