ビーズ選びの考え方を身につけよう!

ビーズアクセサリーの印象を決める「色合わせ」。このシリーズでは、自分らしいカラーコーディネートをマスターして、思い通りの作品を作るためのヒントをご紹介します。一回目は、ビーズ選びの基本的な考え方と発想法。ちょっと意識するだけで、今日からあなたも配色上手……!?
※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集

ビーズの色合わせ
色選びのセンスを磨いて、思い通りのアクセサリーを作りましょう


■注意
今回は比較的ビーズに慣れていない方が、基本的な配色を決めるための例をご紹介しています。色選びの方法は人によって違いますので、「自分流」を見つけるまでのヒントとしてご覧ください。

※記事内の写真をクリックすると拡大表示されます

STEP1:イメージをしっかりと持つ

ビーズの色合わせ
色でこんなに雰囲気が変わります
ビーズアクセサリーの素材選びをする上でもっとも大切なのは、「どんな雰囲気にしたいのか」を最初にしっかりと決めることです。「大人っぽい」「カジュアルでかわいい」という漠然とした言葉だけではなく、目指す雰囲気に近い参考作品(写真でもOK)を用意して、その中にどんな色や素材が使われているのかよく見てみましょう。単純ですが、自分の中で“目的地”をはっきりさせておかないと、いざビーズを選ぶときに迷ってしまいます。

STEP2:ゆずれないポイントから攻める

ビーズの色合わせ
ここでは青みのピンクとブロンズをチョイス
イメージがかたまったら、“絶対に使いたい色または素材”=ポイントを決めてしまいます。これはこの先のビーズ選びの基準となるものなので、基本的には一度決めたら変更しません。そしてこのポイントに合わせて、それ以外の部分のビーズを選んでゆきます。ポイントはどこに設定してもかまいませんが、基本的には、1:大きなビーズなどの目立つ部分 2:シードビーズなどの目立たない部分 の2箇所にすると、後の作業が楽になります。
使いたい素材は決まりましたか? つづきは次のページで!
次のページへ