すっきり収納で無駄な時間とお金をカット!

どんどん増えてしまうビーズアクセサリーの材料。みなさんはどうやって収納していますか?きちんと整理をしていないと、使いたいものがすぐに見つからなかったり、同じ物を買ってしまったり・・・・・・と、無駄が多くなってしまいますよね。すっきりと収納して、気持ちよくビーズアクセサリー作りを楽しみましょう!
※記事中に分からない用語が出てきたときはビーズ基本用語集

透明ケースで収納

ビーズ収納1
本体はもちろん、ふたも透明なものが理想
何が入っているか一目でわかるので、色別に収納したいときや、余ったビーズをまとめておくのに適しています。ケースの大きさは色々ですが、形は円柱形が主流です。容器どうしを連結したり、重ねて置くことのできるタイプもあります。なるべく同じシリーズで揃えるのが、美しく収納するコツ。

また、あまり値段の安いものの中には、落とした拍子にふたが開き、中身がこぼれてしまうものもあるのでご注意を!透明度が高く、ふたがしっかりと閉まる丈夫なものを選びましょう。

釣具ケースで収納

小さな仕切りの多い釣具ケースは、実はビーズの収納にぴったり。値段も透明ケースに比べると、安いものが多いようです。ふたと本体が一体になっており、片手で開け閉めができるのも便利ですね。釣り用品の専門店のほか、ホームセンターや100円ショップなどでも購入することができます。

ビーズ収納2ビーズ収納2_2
一つの仕切りごとにふたの開け閉めが可能他のビーズをこぼさず出し入れができる

チャック付き小袋で収納

チャックが付いたビニールの小袋は、サイズも豊富で、ほとんどのビーズ素材の収納に使えます。重ねたり並べてしまうと中身が分からなくなってしまいますが、そんなときはノート用のインデックスを貼り、中身と同じ(近い)色を塗っておくと一目瞭然。ちょっと手間はかかりますが、その後の作業効率がぐんと上がりますよ。
ビーズ収納3ビーズ収納3_2
インデックスがはがれてしまうときは端をホチキスで留めても◎ライン入りは縞模様・AB加工は半分紫色など、ビーズの表面加工によって表記を変えるとさらに分かりやすい

小袋に分けたビーズは、間仕切りのあるケースなどで整理しましょう。「色」・「サイズ」・「使用頻度」など分類するポイントはいくつかありますが、ガイドは特によく使用するものを入れるケースは別に用意し、それ以外のビーズは色別に分類しています。
ビーズ収納3_3ビーズ収納3_4
インデックスがあると、取り出すのもしまうのも簡単!インデックスを横向きにして並べてもOK。

片付いてきましたか?続いてはちょっと意外なモノを使った収納方法!