まさにハーレム状態のガールズ居酒屋
こくまろみるく(秋葉原)

01

02
妖艶な照明にラグジュアリーなソファ、個室と、大人が寛げる雰囲気
安い、早い、旨いと三拍子揃った昨今の大手チェーン居酒屋にも、悲しきかな、一つだけ欠けている贅がある。女っ気だ。居酒屋の本質は酒とメシにある。理屈は分かるが、いつ何時も目の保養を求めるのが男の性ってものだろう。

その点、ご紹介するハーレム居酒屋『こくまろみるく』さんのように、ガールズバーと居酒屋のいいトコ取りをした新業態・ガールズ居酒屋さんはよく的を射ていらっしゃる。一見、アキバに似つかわしくもオシャレなダイニングバーといった趣だが、店内をくまなく見渡してみてビックリ。なんと女性店員さんが全員メイド風のセクシーなコスプレ姿。フリフリのミニスカから覗くツルツルの生足、テーブルに料理を置く際にこぼれそうになる谷間、まさに屋号通りのハーレム状態なのではないか。

店長は言う。
「アハハ、確かにコスチュームはセクシーですが、お触り等は厳禁。あくまで見て楽しむだけにしてください」

聞けば、この制服のみならずトータルプロデュースをアキバで人気のカリスマイラストレーター・みさくらなんこつ氏が担当したらしい。みさくらなんこつ氏を知らない人も多いだろう。僕もそのひとりだが、そんなことは関係ない。コスチューはセクシーであればそれでいい。

「流行のガールズ居酒屋さんのように一見、セクシーなコスチュームだけが先行しているようですが、席は寛げるようにとソファがメインだし、料理も肉料理を中心に本格的。ほら、アキバってゆっくりできるお店が少ないじゃないですか」

秋の夜長、行くべき店は決まった。