自分の年金見込額を確認する手段は?

日本年金機構設立により、2010年から社会保険事務所は「年金事務所」に

日本年金機構設立により、2010年から社会保険事務所は「年金事務所」に

「自分の年金見込額を知りたい」。この当たり前の希望に答える手段について、一昔前までは「年金事務所(年金相談センター)で確認する」しかありませんでした。

しかし現在では、定期的に「ねんきん定期便」が届くようになり、定期的に自分の年金記録や見込額を確認することが可能となったほか、インターネットでの照会もできるようになるなど、確認手段が増えました。

現状の確認手段としては、
  • 「ねんきん定期便」
  • インターネットでの照会…「ねんきんネット」
  • 電話での照会…「ねんきんダイヤル」
  • 年金事務所(年金相談センター)への訪問
が考えられます。

電話やインターネットでの照会は手軽だが……

「ねんきん定期便」は、毎年1回誕生日前に届きますので、今調べたいというニーズには答えられません。「今、調べたい」となると、先ほどの確認手段のうち、手軽さなら「ねんきんダイヤル」や「ねんきんネット」での確認が頭に浮かぶと思います。なんといっても「行く手間がかからない」というのが、この手段の最大のメリットでしょう。

ただ、「ねんきんダイヤル」や「ねんきんネット」について、その場で年金見込額は教えてもらえません。本人確認の意味もあり、後日郵送で通知されることになります。また、ねんきんネットで調べるにしても、IDとパスワードを取得しなければなりません。

このIDやパスワードについても、後日郵送されるので、届くまで待たなければなりません。申し込みから郵送されるまで5日程度かかるようです。

照会したその場で年金見込額がわかる確認方法とは? 詳しくは次ページ>>>