短命ユニット、LaB LIFe

「フューチャーポップ」シリーズで最初の記事となったのが、「フューチャーポップのルーツとしての渋谷系」。その中でNice Musicを紹介しましたが、続いて紹介するつもりだったのがLaB LIFeです。capsuleやらPerfumeで忙しかったので、延び延びになってしまいましたが、今回やっと登場です。

LaB LIFeと言ってどれくらいの反応があるのか正直自信がありません。実質的に活動していたのは、1996年から1999年という短命ユニット。Nice Musicが渋谷系時代に於けるフューチャーポップの先駆けだとすれば、LaB LIFeはその後継者となる早すぎたフューチャーポップです。捜索しても見つからないのですが、「月刊ラブライフ!」というフリーペーパーをレコード屋で配っていました。

LaB LIFeのメンバーは大谷友介と大舘健一の二人。大谷はオオヤユウスケとしてLaB LIFe解散後、Polarisとして活動。大館は解散後音楽界からは立ち去ったようです。

Headz系??

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
食卓の花
1997年にπというインディーズからリリースされたデビュー・ミニアルバムが、『食卓の花』。シールには「高性能Headzユニット」と紹介されています。LaB LIFeがHeadz系というのはちょっと違和感ありますけど・・・ ゲスト陣としてクラムボンの原田郁子や元FishmansのHAKASEが参加しています。今聞いてみると味わい深かったりするんですが、まだ近未来型ポップ全快のLaB LIFeにはなっていません。タイトル・チューンの「食卓の花」と「Love Life」あたりにはその可能性は感じますが。後のPolarisとかにも通じる作風ですね。