マッシュルームカットはモテないのか?

僕が書いてきた記事には、「侮れない・・・」というタイトルが多いです。侮れない深田恭子、侮れない深津絵里、侮れないつみきみほ、侮れない牧瀬理穂、侮れない「もじぴったん」・・・とシリーズ化しています。そう、僕は一見凄くなさそうで、実は凄いものが大好きなんです。凄そうなものを称えるよりも、凄くなさそうなものをこっそりと評価してあげたいのです。「もじぴったん」を除いて、全ては女性が対象となっていましたが、今回は残念ながら男です。そんな侮れない奴がふかわりょうです。

ふかわりょうの世間でのイメージは、いじられ系の芸人です。高学歴(慶應義塾大学卒)というアピールポイントも吹っ飛んで、出川哲朗とか山崎邦正とかと近いポジションになっています。髪形的には、南海キャンディーズの山ちゃん(山里亮太)やバナナマンの日村勇紀、雨上がり決死隊の蛍原徹なんかと被ってしまいます。きっと、ふかわりょうはモッズなんだと僕は密かに信じているんですが、テレビでは圧倒的に非モテ系な扱いを受けています。日本に於けるマッシュルームカットのモテ度は低いのはどうしてなんだろう? ちなみにWikipediaを見てみると、慶應義塾大学内の調査で「最も恥と思うOB」NO.1に選ばれたとの事。

これには意義を唱えなくてはいけません。所謂、芸人と言われる人たちの中で、ふかわりょうは飛びぬけてセンスがいいです。藤井隆とふかわりょう、この二人は音楽センスのいい二大芸人です。今回は勝手にふかわりょうの名誉挽回をするために、ミュージシャン・ふかわりょうについて語りたいと思います。

ふかわりょう・デビュー

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
レゲエの鬼太郎
芸人と言えば、コミックソングやノヴェルティソングを歌うのが定番です。ふかわりょうも例外ではありません。約10年前の1997年にふかわりょう名義でリリースしたシングルが、『レゲエの鬼太郎』。はい、「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌のレゲエ・ヴァージョンなんですが、メドレー形式になっていて、「どろろの歌」「鬼太郎ナイナイ音頭」「ドロロンえん魔くん」「おれは怪物くんだ」「妖怪人間ベム」「カランコロンの歌」へと続きます。当時、アニメタルが流行った時期でもあり、アニメソングの変態カヴァーとして評価される部分もありますが、Dub Master Xが参加した割に脱力感たっぷりのレゲエ歌謡、および怪奇ノヴェルティソングとして、僕は評価します。