若かりし日のけろっぐ博士
けろっぐ博士とのPerfume対談第2回です。第1回ではアイドル的視線を向けましたが(ちょっと調子に乗りすぎてしまい、かしゆか御免)、今回はPerfumeの楽曲ついて。前回は怪しすぎる博士の写真を掲載しましたので、今回は若かりし日の博士の写真にしておきます。

博士の習字
また、かしゆかへの愛情と謝罪の意をこめて、博士はこんなものも送ってくれました。

博士はご機嫌ななめ

先生:
前回の「アイドルの法則」は、掲載日にAll Aboutランキング7位に入る健闘ぶりでした。ご感想は?

博士:
別に・・・

先生:
ずばり、最初に言いたいのは、Perfumeの楽曲のレベルの高さは只者ではないですね。あくまでも、「スウィートドーナッツ」以降、「アキハバラブ」を除いてですが。ほんとに捨て曲がない。かしゆかが「シークレット・メッセージ」はそれっぽいと大胆にも失礼な発言をしていましたが・・・ Perfumeは中途半端なコラボならしない方がいいし、中田ヤスタカと一蓮托生、一家心中するべきです。そう思いませんか?

博士:
・・・(沈黙)。

先生:
多くのアイドルは売れないとわかると安直に路線変更しますが、Perfumeは粘り強く頑張っていますからね。博士が特に評価するPerfumeの曲は?

博士:
特にありません。

先生:
エリカ様の真似で誤魔化さないでください。謝罪会見を開いてもらいますよ。