小悪魔な才女

この1~2年、小悪魔ブームのようですが、まだブームは続いているのでしょうか? フランスと言えば、ロリータ(Lolita)、ファム・ファタール(Femme Fatale)の国。小悪魔な臭いがプンプンします。ロリータを卒業したアリゼ(Alizee)ちゃんは既に一児の母。アリゼよりは年上ですが、フランスの小悪魔、しかも才女として一押しするのが、エミリー・シモン(Emilie Simon)! 1978年生まれですから、年齢的にはロリータではないですね。お父さんはサウンド・エンジニア、お母さんは音楽家で正式な音楽教育も受けており、大変恵まれた環境だったようです。

デビュー・アルバム

エミリーと私の出会いは・・・(そんな大層なものではないのですが)、彼女のデビュー・アルバム『Emilie Simon』(2003年)のジャケをWAVEで見かけたのがきっかけです。ジャケを見れば、分かりますよね、買った理由。てんとう虫が素敵だからです。いや、てんとう虫が張り付いているお背中が素敵だったからです。もう一つ、CDのシールには「electro-pop francaise(フランスのエレポップ)」と書いてあったのです。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Emilie Simon(DVD付)
01. 砂漠(Desert)
02. リーズ(Lise)
03. 秘密(Secret)
04. 雨(Il Pleut)
05. I Wanna Be Your Dog
06. 雨の中のダンサー(To The Dancers In The Rain)
07. 最期の夜(Dernier Lit)
08. 星の種 (Graines D'eToiles)
09. 花(Flowers)
10. ここからの眺め(Vu D'ici)
11. 蒼い光(Blue Light)
12. 機織歌(Chanson De Toile)
13. 砂漠 (English Version)
14. Femme Fatal
15. Solene
16. 砂漠 (Thievery Corporation Remix)


フレンチポップとエレクトロの融合と言えば、LIO、ミレーヌ・ファルメール、Robertが思い浮かびますね。しかも、皆さん、各自各様にエロいです。エミリーもエレクトロとエロいという点では、先輩諸氏をうまく見習っています。あえて言えば、Robert(アルバム『Six Pieds Sous Terre』を2006年2月にリリース)に近い。同時に、彼女は今までに居なかったタイプです。サウンド的にはクラシカルな要素も織り込みつつ、重厚で知的とでも言いましょう。半ば、狂気さえも感じます。

1曲目の「砂漠(Desert)」は、PVも作られている彼女の代表曲です。バカボンのようなほっぺたで、人形になった彼女は、皮膚の切れ目から乾燥した草花が出てきます。カワキモ不思議ワールド全開であります。フランス語と英語ヴァージョンがあり、日本盤のみリミックス・ヴァージョンが収録されています。リミックスは、コンピレーション・アルバム『Paris City Coffee』にも収録されていますから、日本盤をお持ちでない方にはお勧めです。「花(Flowers)」のPVでは、ゴシックなヴァーチャル人形ワールド。PVが見れるDVD限定版をお勧めしておきます。

次は、皇帝ペンギン。