下積みを経てつかんだスターの座

実は苦労人、シンディ・ローパー。これで53才なんて信じられますか? 実物もほんとに美しいです。
83年、シングル『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン』でデビューしたシンディ・ローパー。当時はMTVブームの真っ只中。真っ赤なドレスをパンキッシュに着こなし、仲間と楽しそうに踊る彼女のミュージック・ビデオは、たちまち大きな話題を呼びました。

その結果、『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン』も収められた1stアルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』は全米第4位を記録。シンディのデビューは、文字通り順風満帆でした。しかし、当時彼女はすでに30才。この決して早いとはいえないデビューまでに、彼女は長い下積みの日々を送ってきました。

成功のためなら、どんなダーティなこともしたわ

あるインタビューで、シンディはこんな衝撃的な言葉を残しています。80'Sには彼女のライバルとされていたマドンナも、下積み時代にヌードモデルなどを経験しています。

シンディとマドンナ。

80年代を代表する2人の歌姫の成功は、その並々ならぬ努力の賜物だったのです。

絶えることない開拓精神

セルフカバー・アルバム『ザ・ボディ・アコースティック』。「タイム・アフター・タイム」ではサラ・マクラクランとデュエットしています。
シンディは昨年、自らのヒット曲などをセルフカバーしたアルバム『ザ・ボディ・アコースティック』をリリースしました。ヒット曲『タイム・アフター・タイム』では、日本でも根強いファンを持つ女性シンガーの サラ・マクラクランとデュエット。『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン』では、アメリカでも人気急上昇中の日本人アーティスト、 パフィーをフィーチャー。意欲的にその新境地を切り開いています。

努力というよりも、すべてが私にとっては自然なことなの。アーティストにとっては、生活のすべてが作品制作みたいなものなのよね

昨年末にインタビューした際、シンディは私にそう話してくれました。何を見ても、何をしていても、自ずと作品に結びついてしまうと話す彼女。『ザ・ボディ・アコースティック』のジャケットでシンディが座っているバルコニーも、彼女が自らロケハン(事前に撮影現場に出向くこと)した場所なのだそうです。

今も相変わらずキュートでスリムなシンディも、今年で53才。ですが、間近で見ても、実年齢が信じられないほどお肌ふっくら。変な話ですが、アメリカのセレブリティのほとんどが、最新の医療技術で若さを保っているといいます。だけど私が見た限り、シンディの若さはきっと天然!

やはり、作品に向き合うその貪欲なまでの姿勢が、いつまでも彼女を若々しく輝かせているのでしょう。

勝ち組歌姫に共通するもの

デビュー以降、変わることなくトップの座に君臨し続けているマドンナ。彼女に対して、マネージャーに裏切られたり、レコード会社との契約が打ち切られたこともあったりと、シンディのアーティスト人生は、デビュー以降も決して順調とは言えませんでした。それでも、彼女はどんな時も妥協せず、アーティストとしての志を貫いてきました。

ところが。

80年代を駆け抜けた努力の歌姫2人には、あるひとつの共通項がありました。シンディは91年に結婚しましたが、夫で俳優のデヴィッド・ソーントンは、彼女よりも一回りほど年下。マドンナの夫で映画監督のガイ・リッチーも、マドンナより10才年下です。

これって、年下のパートナーを持つ女性はいつまでも若々しいということなのでしょうか? あるいは、歳を経ても、つねに新たなことに挑み続ける女性には、若くてエネルギッシュな男性がふさわしい、ということなのでしょうか? 

果たして、あなたはどちらだと思いますか?

【関連記事】
「世界が注目する英国&米国版「電車男」?!」(All Aboutロック)
「ボン・ジョヴィ vs. マドンナ その決着は?」(All Aboutすぐに使える日常英語)
「マドンナも惚れたスチュアート・プライス」(All Aboutテクノポップ)
「80年代歌姫(洋楽編)ランキングBEST 5」(All Aboutテクノポップ)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。