マドンナとスチュアートとの関係

11月16日に発売されたばかりのマドンナのニュー・アルバム『Confessions On A Dance Floor』(2005年)はもう聞かれたでしょうか? 先行シングル『Hung Up』でのABBAの「Gimme Gimme Gimme」のサンプリングが巧妙に使われた(いや、ほとんどマッシュアップですね)エレクトロ・ディスコはお見事です。The KLFにはサンプリング許可を与えなかったABBAもマドンナは別格なんでしょう。まぁ、The KLFは悪質ですから(笑)。

3曲目の「Sorry」は、t.A.T.u.と微妙にシンクロナイズするごめんなさいソング。こちらは日本語だけでなく多国語ですがね。ルーツはジョン・レノンの「Aisuimasen (I'm Sorry)」。中近東的アレンジもあったりしますが、アルバム全体としても前作がテーマ的にも少し重かったのでかなりはじけるダンスビートでマドンナ姐さん、老けません。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Confessions On A Dance Floor
01. Hung Up*
02. Get Together
03. Sorry*
04. Future Lovers
05. I Love New York*
06. Let It Will Be*
07. Forbidden Love*
08. Jump*
09. How High
10. Isaac*
11. Push*
12. Like It Or Not


このアルバムで共同プロデューサーにクレジットされ、12曲中8曲を共作(*)しているのが、幾つかの名義を使い分ける要注意人物、スチュアート・プライス(Stuart Price)。マドンナのプロデューサー起用は、元Taxi Girlのミルウェイズ(Mirwais)に続き、決して大物狙いではないが、目の付け所の鋭さを感じさせます。今回、ミルウェイズも参加していますが、アルバムのカラーを作ったのは、スチュアートの可能性が高いと見ます。

American Life
前作『American Life』(2003年)でスチュアートは「X-Static Process」を共作していますが、これは意外にアコースティックな語りかけるような曲。スチュアートとマドンナの関係は、2001年からのマドンナのツアーでのミュージカル・ディレクターとしての仕事が始まりのようです。