セクシー・ジャケやっていたジュリエット

Cherry Bomb
プロデューサー仕事としてスチュアートが全面的にバックアップしデビューしたのが、アメリカ、フィラデルフィア出身の本名、Juliet Robertsonこと、ジュリエットです。ショートカットが似合うモデルばりのルックスのお姉さん(25才位)ですが、2000年ごろから音楽活動を始めており、1plus 1やMNQNNというバンドでも活動歴があるようです。調べていると、1 plus 1の『Cherry Bomb』というセクシー・ジャケを発見! 

ジュリエットは曲も書けるようで、かなりスチュアートの指導があったと思われますが、シングル「Avalon」や「Ride The Pain」などには全体としてダンスフロアにも対応するフックもあり、憂いがある良質なエレクトロポップに仕上がっています。

Random Order
01. Au
02. Avalon
03. Nu Taboo
04. Ride The Pain
05. Never Land
06. Puppet
07. On The Dance Floor
08. Waiting
09. New Shoes
10. Would You Mind
11. Untied
12. Pot Of Gold


音楽的ルーツを探る

Jacques Lu Contとしてリリースされているアルバムが二つあります。『Blueprint』(2000年)は、彼のルーツ曲から最近のトラックを集めた2枚組CD。New OrderやHuman Leagueといったなるほどと思わせるものからKing CrimsonやThe Beach Boysといった意外性のあるものまで。Placeboは彼(Les Rythmes Digitales=LRD名義)のリミックスです。

Blueprint
CD 1:
01. lb: Ashes to Ashes
02. Life Without Buildings: Is Is and the Iris
03. Three Maddkatt Courtship III: My Life Musik
04. Cylob: Rewind! (DMX Krew Remix)
05. 808 State: Techno Bell
06. Zoot Woman: It's Automatic
07. Ladytron: Playgirl
08. Les Rythmes Digitales: Soft Machine
09. The Pixies: Monkey Gone to Heaven
10. Placebo: Pure Morning (LRD Mix)
11. New Order: 5-8-6
12. Fashion: Something in Your Picture (Alternate Playback)

CD 2:
01. Human League: Love Action (I Believe in Love)
02. Chaka Khan: I Feel for You
03. The Strangers: Tank
04. Mahavishnu Orchestra: Miles Beyond
05. Salsoul Orchestra: Nice and Nasty
06. The Fatpack Band: I Found Lovin'
07. Mantronix: Got to Have Your Love
08. Grace Jones: La Vie en Rose
09. Jean Michel Jarre: Souvenir of China
10. King Crimson: I Talk to the World
11. Brian Eno: By This River
12. The Beach Boys: In My Room


「Fabriclive」は ロンドンの巨大クラブ「Fabric」で毎週土曜日に行われているDJイヴェントをそのままライヴで録音したもの。彼の新旧取り混ぜたDJプレイは『Fabliclive.09』(2003年)で堪能できます。Mirwais(ストーンズのカヴァー)やThemrocのトラックは、スチュアートのリミックスです。Steve Miller BandとかDevoに彼らしさを感じます。

Fabriclive.09
01. Mirwais feat Craig Wedren: Miss You (Thin White Duke Remix)
02. Risan: Eastern Palace
03. Tom Tom Club: Wordy Rappinghood
04. Chicken Lips: Steppin
05. Steve Miller Band: Abracadabra
06. Crazy Penis: Give It Up (Laid Vocal Mix)
07. Hypno-Love: Eurolove
08. Themroc: Gold Is Your Metal (Paper Faces Remix)
09. Supreme Bachelors: S&M
10. Royksopp: Remind Me (Ernest Saint Laurent's Moonfish Mix)
11. Strauss: Also Sprach Zarathustra
12. Eurythmics: Sweet Dreams (Are Made Of This)
13. Zoot Woman: It's Automatic (Cosmos Acid Dub)
14. Gusgus: David (Medicine 8 Remix)
15. Housemaster Boyz: House Nation
16. Devo: Snowball
17. Junior Sanchez: I Wanna Rock!
18. The Pixies: Gouge Away
19. Brian Eno: Here Come The Warm Jets


スチュアート・プライスはまた、シトロエン、オリンパスなどのTV宣伝関連の仕事も積極的にこなし、多才ぶりを発揮しています。今後、プロデューサーとして一流に域になってきた彼自身のユニットとしての活動にも期待したいです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。