メトロノームを使ってレコーディング

R-09HR ver2.00
テンポと拍子を設定させることで、普通のメトロノームとして利用することができる
R-09HRに追加されたまったく新たな機能がメトロノームです。

このメトロノームは2種類の使い方ができるのですが、まずは単純なメトロノームとしての利用法。拍子とテンポを自由に設定し、RECボタンを押すと、メトロノームが動き出す仕組みになっています。この際、ヘッドフォンをしていればヘッドフォンから、していなければ内蔵スピーカーから「ピッポッポッポッ」という音が出るので、普通のメトロノームとして利用することができます。


R-09HR ver2.00
Metoronome Levelの設定により、録音時にヘッドフォンからメトロノームを鳴らすこともできる
一方、Recorder SetupのメニューでMetoronome Levelを設定すると、レコーディングの際にメトロノームを鳴らすことができます。ただし、レコーディング時に鳴るのはヘッドフォンからのみで、内蔵スピーカーからは鳴りません。内蔵スピーカーから音が出たら、それを拾ってしまうため、当然のことではあるのですが……。