まったく新しい音楽制作ソフト

Music Mashroom
まったく新しい音楽制作ツール&サービス、Music Mashroom
DTM・デジタルレコーディングの世界ではCubaseやSONAR、LogicなどDAWといわれるソフトが主流ですが、初音ミクのようなソフトもあれば、Sound Forgeのような波形編集ソフトもあるし、ACIDやGarageBandのようなループシーケンサと呼ばれるソフトもあり、いろいろです。

そんな中、これまでにない新しい方法を使うソフトおよびサービスが誕生しました。ソニーの研究開発機関であるソニーコンピュータサイエンス研究所が開発した「Music Mashroom」というのがそれ。

簡単にいうと、CDやMP3など手持ちの音楽を自由に組み合わせて、まったく新しい作品に仕立て直すというリミックスソフトなのです。たとえば、Perfumeの「ポリリズム」と大塚愛の「ラーメン3分クッキング」をミックスするとか、YMOの「Rydeen」とStyxの「Mr.Roboto」をミックスするとか、宇多田ヒカルの「Automatic」と吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」をミックスするなど、何でもあり。

「そんなメチャクチャな……」と思う方も多いとは思いますが、実際に聴いてみると、これがドンピシャにマッチしているのです。


誰でも使えるお手軽簡単ソフト

Music Mashroom
Music Mashroomの音楽制作ソフト、Hash'nMashは未経験者でも使える簡単なソフト
もちろんこれはTraktorなどのような、DJソフトとも違います。確かにTraktorなどは2つの曲のテンポを揃えて、つないでいくことができますが、Music Mashroomからダウンロードして使うHash'nMashでは、2つの曲を完全にミックスするのです。しかも、それぞれの曲はイントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、間奏、エンディングなどとバラバラに分解することができ、それらの順序を替えてつなぎ合わせることも可能です。

そして最大の特徴は、DTMなどまったく経験がない人も、音楽の知識がまったくない人も誰でも簡単に使えるという点です。

また、まず主体とする曲を決めてパートごとに並べると、それにマッチする曲がどれか、手持ちの曲の中からレコメンドしてくれる機能までついているのです。そして、そのレコメンドされた曲の中から、適当なパートを抜き出してドラッグ&ドロップすれば、まったくテンポやピッチの異なる曲であっても、ドンピシャにマッチしてしまうのです。