Windows上でのサウンドのデファクトスタンダード、Sound Blasterシリーズが、ついに正式にMac対応となりました。今回対応したのはDigital Music PXというUSB製品。これについてレポートしてみます。

■PC用サウンドカードのデファクトスタンダード、Sound Blaster

Sound Blaster Audigy 2みなさん、ご存知のようにクリエイティブのSound BlasterはPC上においてサウンドカードの代名詞ともいうべきもので、広く普及してきました。互換品なども多数ありますが、現在このクリエイティブのSound BlasterはPCIバスに接続して使うカードタイプのものと、USBに接続するモジュールタイプのものの大きく2種類があり、それぞれの最上位モデルはSound Blaster Audigy 2シリーズという名前になっています。


Sound Blaster Audigy 2 ZSもちろん、PCIカードタイプがより強力なスペックとなっており、一言でサウンドカードと表現するのには語弊があるというくらい多機能な製品に仕上がっています。実際、PCIカードモデルのSound Blaster Audigy 2 ZSの場合、再生においては24bit/192kHzに対応していて、DVD Audioの再生が可能だったり、7.1chのサラウンド出力ができるほか、MIDI音源機能としてSoundFont対応のサンプラー機能が用意されていたり、さまざまなエフェクトが搭載され、さらにIEEE1394端子があったり、MIDI入出力があるなど、本当にさまざまな機能が搭載されているのです。


15年以上の歴史を経て進化してきた、このSound Blasterですが、これまで一貫してPC用のデバイスとして存在しており、Mac用としてはリリースされていませんでした。正確にいえば、Sound Blaster Live!において、海外ではMac用の製品が出たことがありますが、長続きはしていないし、国内ではリリースされることがなかったのです。

しかし、ここに来て突然のようにMac OS Xに対応したSound Blasterが国内で発売されたのです。