DTM・デジタルレコーディングを使いこなす上で必須のツール、エフェクト。でも初心者ユーザーにとっては難しいことばかり、そこで、エフェクトを初心者向けに連載していきます。

【エフェクトの基礎知識】その1
5つに分類できるエフェクト

DTMを活用する上で必須のエフェクト。リバーブやコーラスといった名前は知っていてもどう使うか分からない人も多いでしょう。そこで今後、数回に渡ってエフェクトについて解説します。


【エフェクトの基礎知識】その2
リバーブとコーラス

第2回目の今回は、DTMで用いるもっとも代表的なエフェクトとしてリバーブとコーラスをピックアップし、これらがどんな効果をもち、どのように使うのかを紹介したいと思います。


【エフェクトの基礎知識】その3
ディレイ、フランジャー、EQ

初心者向けにエフェクトについてを解説する連載の3回目。今回はディレイ、フランジャー、イコライザについて紹介していきます。これらでどんなことができるのかを抑えておきましょう。



【エフェクトの基礎知識】その4
コンプレッサ、リミッタ

今回取り上げるのは、ダイナミックス系エフェクトの代表であるコンプレッサとリミッタです。以前その1で分類したときは、レベル系という表現を使っていましたが、まさにそのレベル=音量をいじるエフェクトです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。