最近DTM関連の製品に関しては、どうも勢いを感じられなかったヤマハ。先日、記者発表会の案内が届いたのですが、それを読むとキーボードタイプのシンセサイザとエレクトリックドラム、そしてAW4416やAW2816に続くAWシリーズとありました。まあ、AWシリーズに関しては一応チェックはしておかなくては、と思い、あまり期待はせずに発表会に行ったのです。
 ところが行ってみると、ビックリ。まずそのシンセサイザにはUSB端子が搭載されているとともに、オリジナルのシーケンスソフトもバンドル。またWindows用Mac用それぞれに音色エディタが用意され、従来のDTM音源モジュールであるMU1000/2000などで使われていたプラグインボードも利用できるというのです。
 さらに、新製品としてUSBオーディオインターフェイスであるUW10およびUW500plusという製品も新たに登場となっていたのです。
 そこで、今回はこれら3製品について、取り上げたいと思います。
 まず最初はやはり、今回の発表会の目玉でもあったミュージック・シンセサイザ、S90。248,000円と、かなり高価な価格設定となったS90はヤマハのMOTIFシリーズ直系のシンセエンジンを搭載し、最大の売りはピアノ音色専用に26MBの新波形を追加したということです。これを加え合計110MBのウェーブテーブルROMを搭載したことで、プロクォリティーサウンドを実現しているモデルなのです。
 このことからも分かるとおり、S90はAWM2というPCM音源のシンセサイザです。しかし、背面に拡張スロットが3つ用意されており、ここにプラグインボードを入れることにより、FM音源やフィジカルモデリング音源などを追加することも可能となっているのです。