シンプルがおいしい 基本のプリンのレシピ

所要時間:45分

カテゴリー:プリンカスタードプリン

 

プリンは誰からも愛される永遠のクラシック

卵と牛乳と砂糖、こんなシンプルな材料から作られるプリン。キャラメルソースとカスタードプディングの組み合わせは、誰からも愛される永遠のお菓子のクラシックではないでしょうか。最近流行のやわらかプリンもおいしいけれど、私の中のプリンのイメージは、型から抜き出して白いお皿の上で揺れている、昔ながらのプリンなのです。焦がしやすいキャラメル・ソースは時間が計りやすい電子レンジで作ります。素朴だけれども温かい、ホームメイドのプリンのシンプルなおいしさをお楽しみください。

カスタードプリンの材料(直径7cmのココット型8個分

プリンの材料
(全卵) 3個
卵黄 1個分
牛乳 400cc
グラニュー糖 60g
バニラエッセンス 数滴
キャラメルソースの材料
グラニュー糖 50g
大さじ2

カスタードプリンの作り方・手順

プリンの作り方

1:キャラメルソースとプリンの耐熱容器の準備をする

キャラメルソースとプリンの耐熱容器の準備をする
下準備をする
卵は1個だけ卵白と卵黄に分けておきます。湯せん用のお湯を沸かします。オーブンは170℃に温めておきます。プリンを入れるココット型とキャラメル・ソースを作る容器はそれぞれ高温に耐える耐熱容器を用意します。

2:キャラメルソースを作り、ココット型に流す

キャラメルソースを作り、ココット型に流す
キャラメルソースを作ります。耐熱容器にグラニュー糖、水を入れ、軽く混ぜます。500wの電子レンジで4分弱加熱します。この時3分30秒過ぎたら、ちょうど良いキャラメル色になるまで10秒単位でチェックし、キャラメル色になったら4分手前でも取り出すようにすると失敗がありません。ココット型に流し入れます。

3:グラニュー糖が溶けるまで牛乳を人肌に温める

グラニュー糖が溶けるまで牛乳を人肌に温める
牛乳とグラニュー糖を鍋に入れ、泡立て器で混ぜながら、グラニュー糖が溶けるまで、人肌程度に牛乳を温めます。

4:解きほぐした卵と牛乳を静かに混ぜる

解きほぐした卵と牛乳を静かに混ぜる
ボウルに卵(全卵と卵黄)を入れ、泡立て器で卵を溶きほぐします。ここで空気が入るとプリンが膨らんでしまうので、空気が入らないように、泡立て器は左右に動かすようにします。泡が立たないように、ゆっくりと牛乳を卵に注いで、泡立て器で混ぜます。

5:こし器で卵液をこす

こし器で卵液をこす
こし器でこします。こすことによってプリンがなめらかになります。バニラエッセンスを加え、泡立て器で混ぜます。

6:ココット型に流し入れ、オーブンで蒸し焼きにする

ココット型に流し入れ、オーブンで蒸し焼きにする
準備したココット型に静かに注ぎ入れます。できた泡は竹串などでつぶしておきましょう。お湯(80~90℃くらい)をはった耐熱容器(ここではスクエア・ケーキ型を使用)に入れ、湯せんの状態にしてこのまま170℃のオーブンで40分焼きます。そっと押して弾力があれば焼きあがりです。粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。型の周囲にぐるりとナイフを入れて器に抜き出します。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回のように小さめのココットで作ったものは普段のおやつに、大きめのケーキ型などで作り、そのままサーブすると、おもてなしにも向く華やかなデザートになります。その際は容器の大きさや深さによっても違うのですが、焼く時間を10~15分長くしてください(プリンを器から抜き出してひっくり返す瞬間は、毎回とてもドキドキするので、事前に器から出しておくことをお薦めします)。ホイップクリームを添えたり、季節のフルーツ、時間があれば作り置きのプルーンや洋梨のコンポートを添えると、いつものおやつのプリンがディナーの後を飾る豪華なデザートに変身します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。