西門町おすすめグルメ3 以利泡泡冰

マンゴー泡泡冰は日本人好みの味

マンゴー泡泡冰は日本人好みの味

士林夜市名物スイーツのひとつ、泡泡冰(パオパオビン)を食べられるお店が西門町にあります。パオパオビンとはイタリアのジェラートに似た台湾アイスで、以利泡泡冰は1955年に台湾で1号店を出したパオパオビンの有名店。立ち食いの士林夜市と違いここではガラスの器に盛られ、テーブル席で食べられます。ひとさじすくって食べてみれば、その甘い口どけに夢中になるはず! 店の人気メニューは花生花豆泡泡冰(ピーナッツと豆のパオパオビン)40台湾元(約120円)ですが、マンゴー味も結構いけますよ。

<DATA>
■以利泡泡冰
住所:台北市武昌街2段22號
アクセス:MRT板南線西門駅6番出口徒歩約6分
TEL:(02)2314-2495
営業時間:11:00~22:30
定休日:なし

 

西門町おすすめグルメ4 蜂大珈琲

2階のほうが

店内は、2階のほうが明るい雰囲気

ここ西門町で、もう半世紀もお店を続けている蜂大珈琲。店の表側にあるショーウィンドウには懐かしい風情のお菓子が並んでいて、年配客が次々と立ち寄ってはお菓子を1つ2つと買っていく、そんな温かさのあるお店です。

自家焙煎が自慢の珈琲は店内で飲むことができ、ブルーマウンテン200台湾元(約600円)、カプチーノ100台湾元(約300円)など。ボストンパイなどのケーキは55台湾元(約160円)で、他にモーニングセットが100台湾元(約300円)、インドカレーや紅焼牛肉飯などの定食200台湾元(約600円)もあります。

<DATA>
■蜂大珈琲 
住所:台北市成都路42號
アクセス:MRT板南線西門駅1番出口より徒歩約3分
TEL:(02)2371-9577  
営業時間:8:00~22:30(モーニングは8:30~11:30)
定休日:なし

 

西門町おすすめグルメ5 永和豆漿大王

手前が大根餅で、ビニールに入っているのが水煎包

手前が大根餅(蘿蔔米羔)に卵を加えたもので、向こう側が水煎包

名前は台湾の至るところにある朝食屋の名前ですが、ここの朝食は一味違う! もしここを訪れたなら、まず注文すべきは水煎包、12台湾元(約36円)。蒸し焼きにした野菜お焼きのような水煎包はここの人気メニューらしく、見ていると皆次々に水煎包を買っていきます。水煎包自体は薄味なので、自分でソースなどをかけて好みの味にアレンジして。さらに大根餅に卵を加えた蘿蔔●加蛋(●は米へんに羔)40元(約120円)を注文したいところ。大根餅を焼いて薄焼き卵でくるんだもので、表のメニューにはないのですがこの組み合わせ、結構いけますよ。

<DATA>
■永和豆漿大王
住所:台北市武昌街1段63 號
アクセス:MRT板南線西門駅5番出口徒歩約10分
TEL:(0918)564-365
営業時間:6:00~19:00
定休日:なし

 

西門町おすすめグルメ6 阿宗麺線

アツアツの麺は寒い季節にピッタリ

大碗55台湾元(約160円)小碗40台湾元(約120円)

阿宗麺線は大腸麺線の店。テーブル席がなく、器を片手に店の前で立食するというスタイルにもかかわらず客足が絶えない人気店。鰹節で取っただしに漢方でじっくり煮込んだ腸を加え、さらに細麺を加えて煮込んであります。

大腸麺線しかメニューにないので、注文の際は大碗(ダーワン)か小碗(シャオワン)か、ということと数を答えればOK。独特の臭みがある香菜が要らなければ香菜の入れ物を指さして「不要(プゥヤオ)」と言いましょう。とろみのあるスープと一体になった麺をお碗とお碗で切るように盛り付けていくその手さばきが見事。食べるときは箸を使わず、レンゲ一本でスープごとすくいながら食べます。モツ系が苦手な人にはだめかもしれませんが、この行列を見たら、つい味見したくなってしまうかも?

<DATA>
■阿宗麺線
住所:台北市峨嵋街8號之1
アクセス:MRT板南線西門駅6 番出口から徒歩約3分
TEL: (02) 2388-8808
営業時間:月~土曜11:30~22:30/日・祝日11:00~23:00 
定休日:なし