♪も~い~くつ寝ると~おしょうがつぅぅぅ♪

という歌を口ずさむような時期になりましたね。お正月といえば、おせち・おぞうに・おとしだま等々・・・そして、お飾りもいろいろありますよね?それぞれに意味があるってこと知っていましたか?今回はそのような事を触れながら、離乳食におせちをこう活用してみては?ということをお話ししたいとおもいま~す♪

まずはお正月
お正月はその年の新しい神がどの家にもおりてくると考えられていました。年神さまを迎え一家の健康と繁栄を祈るお祭りの事をいいます。

門松
年神さまの宿る所(よりしろ)です。26、27、28、30日に飾ります。29日は「苦立て」といわれ31日は「一夜飾りといい避けます。これは門松に限らず、どんなお飾りも一緒です。

しめ縄
神聖なる場所に飾り周囲の汚れを絶つ印として用いられます。

しめ飾り・輪飾り
しめ飾りはしめ縄でつくった飾り。うらじろ(長命)・ゆずり葉(家気が後の代にうつり絶やさない)・橙(家気が代々繁栄する)などの縁起物があしらわれる。しめ飾りなどを簡略化したのが輪飾りで、火の神(台所)・水の神(水道の蛇口)・手洗いの裏口などに飾ります。

鏡餅
年神さまへのお供えものです。

お屠蘇
屠蘇(とそ)は鬼気を屠絶し、人魂を蘇生するという意味。これを飲むと一年中邪気を払うとされています。

初夢
元旦の夜に見る夢のこと。昔、良い夢をみられるように宝船の絵を枕の下に入れて寝るという風習がありました。また、上からも下からも同じに読める「なかきよのとおのねぶりのおとのよきかな」という歌を三度口ずさんで寝るとよいという言い伝えもあったようです。

書初め
正月の二日には商店の初荷・農民の鍬入れ・漁師の祝い乗りなどの行事があり、寺子屋では書初めをおこなっていました。

おおまかな正月に関連する物の意味を書きましたがおわかりいただけましたか?
さて!次は、おせちにうつりましょう♪