北京のバー

秀

パークハイアットの秀など、シノワな雰囲気のバーも急増中

ひところ前の北京でバーといえば、単に「酒があって薄暗いところ」でしかありませんでした。今では、内装、酒、音楽、料理、サービス共に充実し、店個々に特徴が見られるようになりました。バー街も昔から知られる三里屯以外に、後海、朝陽公園、麗都、五道口などが仲間入りし、好みと気分によって選ぶことが可能。ここでは、シンプルから超豪華まで、人気の9件をご紹介します!

北京の焼酎バーの草分け的存在
「焼酎バー地蔵~Gzou」

日系バーは海外における癒やしの空間

日系バーは、海外における癒やしの空間

地蔵

ひとりで通う常連客もたくさん!

2005年の開店以来、北京在住の日本人を中心に支持され続けている焼酎バー。ここの魅力は、なんといっても居心地のよさ。海外旅行にストレスはつきものですが、ここに来ると気分が癒され、つい「ただいま~」と言ってしまいたくなるあったかい空気が漂っています。カウンターには常時、日本人スタッフがいるので、北京の情報をあれこれ教えてもらえます! こじんまりしたお店なので、団体さんは電話予約がベスト。焼酎は100種類以上で、他店にはない免品も揃っています。カウンターに並べられたおばんざいは、筑前煮や肉じゃがなどお袋の味がメイン。特製タコライスやカレー丼なども人気で、最近はおでんが仲間入りしました! 中国の旅に疲れたら、立ち寄ってみてください。

<DATA>
焼酎バー地蔵 Gzou
住所:朝陽区光華路2号 陽光100C座110号
TEL:010-5100-3038
営業:19:00~翌 1:00(日曜定休)
アクセス:地下鉄1号線「大望路駅」徒歩10分、温特莱中心1階の「東方大班」看板の正面にある小さな門から入ってすぐ

北京でジャズのムードに浸るなら
「東岸珈琲(East Shore Live Jazz Café)」

ステージ横から臨める后海の眺めが最高!

ステージ横から臨める后海の眺めが最高!

黄色い看板とJAZZの文字が目印

黄色い看板とJAZZの文字が目印

人気のバー街「后海」の東岸に位置するジャズバー。運営に携わる劉元は、中国で有名なサックス&チャルメラ奏者で、自らもジャズバンドを率いて、数々のジャズ・フェスに登場しています。店内の小さなステージでは、木~日曜の夜にジャズの生演奏があり、海外のジャズ・ミュージシャンがセッションに立ち寄ることも少なくありません。后海の綺麗な眺めにジャズ、北京で忘れられない夜になることまちがいなしです!

<DATA>
■東岸珈琲(East Shore Live Jazz Café)
住所:西城区地安門外大街前海南沿2号楼2階
TEL:010-8403-2131
営業:14:30~翌2:00
アクセス:地下鉄2号線「鼓楼大街駅」から南へ徒歩15分、地下鉄5号線「北新橋駅」または「張自忠路駅」から西へ徒歩15分