ラミー LAMY

独自の地位を確立しているドイツの筆記具ブランド ラミー

ドイツはハイデルベルクで1930年に創業した筆記具メーカー。ドイツの筆記具といえば、モンブランやペリカンを思い浮かべる人も多いと思うが、ラミーは同じドイツにあってその2強とはまったく違ったブランディングを行ってきた。

ラミーがペンの中で重要視しているのが、デザインだ。今でこそ、インダストリアルデザイナーがペンを手がけるというのは珍しくないが、ラミーはいち早く、インダストリアルデザイナーとのコラボレーションを行ってきた。

その代表がブラウン社で確固たるデザインを確立したゲルト・ハルト・ミューラー氏によるラミー2000やオリベッティ社のタイプライターのデザインで有名なイタリアのインダストリアルデザイナー、マリオ・ベリーニ氏によるペルソナなど、あげればきりがないほどである。

そのどれもが、とってもシンプルでありながら、独特の存在感を放っている。書くという道具であることと、デザイン的なすばらしさを両立したものばかりだ。

今回は、そんなラミーの中から、日本ではあまり売られていないちょっとレアなラミーをご紹介する。


蛍光マーカーとボールペンが1本にまとまったピックアップ

ラミー ピックアップ LAMY pickup
■ ラミー ピックアップ 6,300円

ラミー ピックアップ
クリップが巧みに折り曲げられているデザインが秀逸
3色ボールペンやボールペンとシャープペンが一緒になった多機能ペンなど1本で何役もこなしてくれるこうしたペンはとても便利な存在だ。でも、ボールペンと蛍光マーカーという組み合わせはかなり珍しい。そんな異色な組み合わせでもラミーらしいシンプルなデザインに仕上げられている。ちょっと見ただけでは、ふつうのボールペンにしか見えない。まさか、蛍光マーカーが入っているとはだれも思わないだろう。

まず、ボールペンから見てみると、ボディをツイストするとペン先が現われてくる。と、ここまでは、よくあるボールペンとなんら変わることはない。

ラミー ピックアップラミー ピックアップ
ペン先収納時
ペン先を出すとペン先を固定しているスリーブが微妙に引っ込む

肝心の蛍光マーカーはどこから出てくるかといえば、これがとてもユニークなものになっている。ボディ中央にある意味深な黄色のボタンを押してみると、ペン先の反対側からぴょこんと、黒い軸がとび出してくる。引っ張り出すと、それが蛍光マーカーになっているという訳だ。

ラミー ピックアップラミー ピックアップ
ボディ中央の黄色いボタンを押すとマーカーが出てくる。
出てきたマーカーはこの短さのまま使う。

蛍光マーカーは常日頃から使うものではなく、ちょっと気になったところをマーキングするというのが本来の目的だから、短めではあるけれど、これくらいのマーカーで十分といえば十分だ。嬉しいことに、蛍光マーカーは替え芯(リフィル)が別に用意されているので、末永く使い続けることができる。

ラミーらしいデザインをしっかりと残しつつ、種類の違う2つのペンを見事に融合させている。

シンプルなデザインのボールペンは・・・>>次のページへ