ツヤが増した老舗メゾン。

最も“今”を意識したシリーズ。それは例えばノーズの長いチゼルトウに表れている。DANDY79,000~91,000


しばらくの休止状態を終えた「ボノーラ」を改めて目にした感想は、「ツヤが増したな」というものだった。仕上げにワインで磨き上げるなど、元々このメゾンのフィロソフィには「ツヤ」が組み込まれている(オーナーのモレッティ家は広大なワイナリーを所有しており、そのワインを使用する)。しかし、立体的でシャープなシルエットは、これまでにはなかったものだ。新生ボノーラはいってみれば、タイムリーな色香を備えたということだと思う。


素直に喜びたい復活。



ボノーラ
機能から靴づくりにアプローチしたシリーズ。イタリアの伊達男が足元に快適を求めれば、答えは当然モカシンになる。CANNES参考商品


ま、とにもかくにも伝統あるメゾンがこれからも続いていく、この点を素直に喜びたい。

問 ヒーローインターナショナル TEL.03-5447-6777

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。