2本線と鮮やかな色使いで女の子に人気の「パトリック」から復刻されるのは、89年に発売されたジョギングシューズ。その名を「MX90」といいます。復刻といっても日本未発売のモデルなので、ま、新製品みたいなもんです。
写真はまだサンプルで、本チャンの仕上がりは若干変わるようだけど、どうです、懐かしいでしょ。特にライトグリーンの色出しが良い。

「パトリックのイメージを壊したかった」と話してくれたのはアメリカンラグシーのバイヤー、峠聖悟さん。ラグシーといえばご存じの通り今や飛ぶ鳥落とす勢いの高感度セレクトショップ。峠さんはまだ若いがその仕入れを任されているやり手で、しょっちゅう海外を飛び回っている。休む暇がなくて疲れるでしょ?と聞くと、若いですからと年上の僕に向って何だかイヤなことをいう。
「これまでパトリックを扱ったことはなかったんですが、たまたま古いカタログを見ていたら、面白いモデルがいっぱいある。盛り上がって復刻させようよとなったわけです」
こういうのを売る店にしたかったというほどのお気に入りだそうで、この「MX90」のような、“今までにありそうでなかった”シリーズを今後は発掘していきたいとのこと。

パトリックは今のままでもその飽きの来ないテイストといい、乱売しない会社の姿勢といい、一番好きなスニーカーだけど、外部の血で活性化されて可能性が広がるんならそれはそれで大賛成。

「パトリック-MX90」●サックス/ライトグリーンの2色。価格1万5000円。アメリカンラグシー各店で6月から先行発売。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。