メルマガ読者は先刻承知の通り、酒ばかり呑んでる僕は最近、靴をろくに見ていない。勉強不足で恐縮ですが、良いブランドを発見、です。3年ほど前から日本に入り始めた「リゾ」というブランドです。

「リゾ」は、スペインはアリカンテ地方で作られるブランド。ここんちは、実は非常に実績のあるメーカーで、イギリスのオフィス、サシャといった有名チェーン店のPB(店のオリジナルブランド)を作っていたりするのです。その新作は写真を見ればわかるように、革靴なんだけどスニーカーのような雰囲気。履き心地もスニーカーのようで、ポスト「パトリック」&「ルーディック・ライター」といった感じ。

僕が注目しているのは、テイストもさる事ながら、その企画を野口彦というインポーターの会社が行っている点。しかも、イギリスのチェーン店を取りまとめているエージェントとの共同開発。つまり、日本で企画した商品が世界で売られていたりするのだ。

アパレル関係では日本発信型の企画なり製品が注目を集めているようだけど、ようやく靴にもその流れが来たわけで、感慨深い。最近このゾーンを狙っているブランドはずいぶん出てきたけど、僕の中では「リゾ」が一押し。ワシントン靴店や「アスビー」の店名で知られるツルヤなどの靴屋のほか、セレクトショップでも扱われているそうなので、ぜひ見に行ってもらいたいものです。ちなみに価格は1万円台後半。メンズもレディスもあります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。