今年の冬におすすめのマフラーの巻き方
~ダブル・センター結び巻き~

今冬おすすめのマフラーの巻き方 Vol. 1前回の記事で、今年一番オススメの巻き方としてダブル巻きをご紹介しました。今回ご紹介する「ダブル・センター結び巻き」は、このダブル巻きを少し応用したテクニックです。

ダブル巻きでは、マフラーの両端は、左右の胸下あたりにダラリと垂らします。この感じが少しだらしなくて嫌だという方は、ここからさらにマフラーの両端をセンターで結んで下さい。そうすることで、首元にはボリュームが出て、センターで品よくまとまります。ただし、この巻き方をする場合、長さ180cm前後の長めのマフラーを使用して下さい。

ダブル・センター結び巻き
1.太めのマフラーは縦に2つに折りし、適度な幅にします。
2.マフラーの中心を首の前に当て、右の端を右から首の後ろに回して巻きます。反対に、左の端を左から首に回して巻きます。
3.左右の胸下の位置にあるマフラーの端を、さらにもう一度センターで結びます。

今年の冬におすすめのマフラーの巻き方
~ネックバック結び巻き~

ネックバック結び巻き
これは、男性には比較的ポピュラーなマフラーの巻き方です。この巻き方には短めの160cm前後のマフラーを使用して下さい。

1.マフラーを首の後ろからかけて、左右のマフラーの長さが均等になるようにします。
2.左の端を右側から後ろに回し、右の端を左側から後ろに回します。
3.首の後ろで左右の端を結んで出来上がり。

以上、今回はマフラーの選び方のコツと、今年の冬におすすめのマフラーの巻き方の第2弾として、さらに2通りのマフラーの巻き方をご紹介しました。まだまだ、寒い季節が続きますが、マフラーの巻き方をちょっと工夫して、今年の冬を乗り越えて下さい。


※記事の更新やコラムをガイドメルマガにてお知らせします。
登録はこちらから。


【最新記事】
今冬おすすめのマフラーの巻き方 Vol. 1
ニットのコーディネート術 コート編
女性に嫌われない財布・革小物の携帯術

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。