前回の記事では、男性が財布などのレザーグッズを選ぶときに気をつけたいポイントを解説しました。引き続き、今回も革小物のお話。毎日、持ち歩く財布や名刺入れ。それらを携帯するときの注意事項をご紹介します。

後ろ姿は、なかなか自分では気付かないもの。だからこそ、常日頃から意識を持って、注意深くみだしなみを整えるのがポイントとなります。スーツのポケットに財布を入れていませんか? 携帯電話や名刺やパスケースなどは? そういう後ろ姿って、世の女性達から意外と見られているんですよ。

財布・革小物をどこに入れる?

多くの男性が毎日、携帯するレザー・グッズ。財布をはじめ、名刺入れやキーホルダー、ペンケースなど、その種類はさまざまですが、どのように持ち歩いていますか? いつも鞄の中に入れているという几帳面な人もいれば、パンツの前や後ろのポケット、スーツの内ポケット、コートのポケットなど、自由気ままに、ポケットならばどこにでも入れてしまう癖のある人も多いのでは?

スーツのポケットに入れるのはNG

スーツを着るビジネスマンは上着の内ポケットやパンツの後ろポケットに財布を入れがち。鞄を持たないときは仕方がないですが、スーツをきれいに着こなすという点ではNGです
そんなビジネスマンに一番多く見られるのは、財布や名刺入れ、キーホルダーなどをスーツの上着の内ポケットとパンツの後ろポケットに入れている姿。鞄を持たずに、出かけるランチタイムなどは、財布を手に持つわけにもいかず、無理やりパンツのポケットに大きな財布を押し込んでいる人も多く見られます。しかし、スーツのシルエットを崩さずにきれいに着こなすという点においては、上着の内ポケットやパンツの後ろポケットに革小物を入れるのはNGなのです。


次のページは、どうしてNGなのかを解説します。


【最新記事】
財布・革小物選びのポイント
ニットのコーディネート術 JKT編
ニットのコーディネート術 インナー編