日本発、革財布のイノベーション・ムーブメント

small wallet01

色は写真のブラックの他、ネイビー、キャメル、サックスブルー、ボルドー、プラム、パールアイボリーがある。スーパークラシック「小さい財布 for Men」1万1550円

おそらくいま、革財布のジャンルに於て、世界の最先端を走っているのは日本です。財布の構造をゼロから見直して構成したエムピウの「millefoglie」を嚆矢に、ここ数年の間に、rethinkの「Lim Wallet」、スーパークラシックの「薄い財布」、モルフォの「ジャーナリスト・ウォレット」など、従来の財布のスタイルを踏襲しない、使い勝手やコンセプトを優先した財布が次々と登場しています。海外でも、「JIMI Wallet」のような、革以外の素材の財布には、新しいスタイルの物があるのですが、革財布に関しては、その伝統に裏付けられた高い技術が、新しい構造の財布に踏み出す必要を感じさせないのかも知れません。
small wallet02

色は写真のキャメルの他、ブラックがある。スーパークラシック「小さい財布 ブッテーロレザーエディション」1万3650円 

スーパークラシックの「小さい財布」は、その名の通り、フル機能の財布でありつつ、どれくらい小さくできるかにこだわった財布です。しかも、それを革で実現しようと考える事自体が、既に、従来の財布の常識を越えようという意志満々です。そんな、かなり尖った方向に走っている財布なので、ハッキリ言えば、万人向けではありません。

特に、従来型の重厚で洗練された方向が好きな方には、全く向かない財布と言えるでしょう。実際、財布としての洗練度合いで言えば、同社の「薄い財布」の方が、遥かに多くの人に支持されると思います。ただ、ガイド納富は、この「小さい財布」を作ってしまった意志と、それを実現するためのアイディアが詰まった、この財布が、とても好きなのです。唯一、残念だと思っていた、全体に漂う、小さいが故に安っぽい感じも、ブッテーロレザーエディションの登場で払拭されました。

次のページでは、詳しくディテールを紹介します。