どれも便利で機能的な財布だが、それぞれに様々な使いやすさがある

使いやすい財布といっても、結局、その人がどう持つのか、どういう使い方をするのかで違ってきます。だから、世の中には色んな財布があって、趣 味も使う人によって色々で、そう考えると、いわゆるファッションブランドの財布が、何故あんなにも同じ形をしているのかが、かえって謎のように見えてきま す。

ということで、財布特集後半は、紙幣と小銭を一緒にいれるタイプの、いわゆるウォレットを集めてみました。使ってみると、それぞれに良い点があって、結局は、使う側の好みで選ぶしかないのだということがよく分かりました。でも、どれも魅力的で、中々絞れないんですよねー。

スーパークラシック「薄い財布 abrAsus」14,800円(税込)

スーパークラシック「薄い財布 abrAsus」14,800円(税込)

これは、薄さに特化したオールインワン型の財布。紙幣を10枚、小銭を10枚、カード類を5枚入れて、ズボンのポケットに入れても、ポケットが膨 らまないほど、薄さをキープするのですから、中々凄いと思うのです。薄さをキープする一番の方法は、内容物の重なりを減らすこと。この財布は、その法則を きっちりと守ってデザインされています。

開くとこんな感じ。随所に薄さを実現する仕掛けがある。

財布で厚みが出るのは、小銭とカード。そして、薄さをキープしようと思ったら、留め具で財布を開かないように留めたいところですが、その留め具も 厚みを生んでしまいます。ということで、この財布では、小銭とカードは重ならないように配置され、留め具は小銭が入る部分の厚みを利用するなど、財布内の 配置が考え抜かれているのです。

カードと紙幣は、こんな風に収納。両端の切れ込みでカードの出し入れが容易。

紙幣は、最近流行というか、m+やrethinkなどの、言わば財布の最先端のタイプと同じ、財布全体を包む部分に配置し、その上を覆うように カード入れが用意されています。このカード入れも最小限のパーツで作られていて、入れたカードが見やすく取り出しやすく、しかもカッコ良いのです。クレ ジットカードなどの厚手のプラスチックカードなら最大5枚、実用性を考えると4枚程度入れるのが良い感じです。クレジットカード、キャッシュカード、メン バーズカードの3枚に名刺を数枚といったところでしょうか。

小銭入れは端の折り返し部分にある。細長い形状は意外に使いやすい。

小銭入れは、二つ折りを留める部分を開くと現れます。確かに、このタイプの二つ折り財布の場合、この位置はデッドスペースになるのですが、そこを 小銭入れに使うというアイディアは凄いです。かなり狭いスペースに見えますが、500円玉も入りますし、10枚程度の小銭の収納が可能です。取り出しやす さには多少難がありますが、浅いので中は一覧しやすく、思ったよりは使いやすいと思いました。

紙幣の下にICカードを入れられる。また、その下にも隠しポケットが。

紙幣を留めるために、隅に差し込みがあり、さらに三角形のカバーも付いています(このカバーの三角と、カード入れ部分の切れ込みが重ならないように作られ ているのも薄さの秘密です)。ここにSUICAなどのICカードを入れておくと便利でした(もしかしたら、メーカー推奨の使い方ではないのかもしれません が、ガイド納富が使った限りでは、カードが落ちることもなく、改札もスムーズに通ることが出来て快適に使えました)。ただ、あまり何枚もの紙幣を入れるの には向きません。といっても、10枚は収納できるので、2万円持っていて、1万円を崩して19000円になっても大丈夫なので、日常生活には全く問題なく 使えます。

カード5枚、紙幣4枚、小銭を7枚入れても、この薄さ。

さらに、紙幣を押さえる三角のカバーの下には小さな隠しポケットが付いていて、鍵などが入れられるようになっているなど、遊び心も忘れない、中々小粋な財 布なのです。容量よりも使い勝手と薄さを重視した財布は、他にはrethinkの「Lim Wallet」くらいしか類例がないのですが、実際使ってみると、その「薄さ」が、如何に有り難いかはすぐに分かります。別途、カードケースを併用して も、まだ、そこらの財布より厚みを取りません。

COTONA「コンパクトウォレット デベソ」12,600円(税込)

COTONA「コンパクトウォレット デベソ」12,600円(税込)
色は写真のキャメルの他、ブラウン、ブラックがあります

こちらは、とてもシンプルな財布です。開くと、紙幣、コイン、カードの収納全てを一覧できる構造は、意外にありそうで無かったもの。全体の見た目 も、まるでカードケースのようなシンプルというか、すっきりしたものですが、これで財布としての機能は十分に果たせるように作られています。また、そのシ ンプルな形状のおかげで、革の素材感が存分に楽しめるようになっていて、革小物好きには堪らないところがあります。

中を開くとこんな感じ。下から、紙幣入れ、小銭入れ、カード入れ、名刺入れになっている。

構造は、要するに、紙幣入れ、小銭入れ、カードケース、名刺入れと、財布の中が四つに分けられていて、それぞれをそれぞれの仕切りの中に収納する という、それだけのものです。これが、使ってみると何とも楽ちんなのです。財布を開くと、全てが見渡せるため、出し入れに迷いがなく、とてもスピーディー なのです。このスピード感は、他の財布では味わえません。口が大きく開くので、カードを探すのも簡単。しかも、カードや小銭はかなり大量に収納できます。

お金やカードを入れるとこんな感じ。この見通しの良さは財布の原点という感じがする。

紙幣に関しては、二つ折りして収納するので、使い勝手が今一つかと思っていたのですが、二つに折りさえすれば、短い距離で差し込めるので、むしろ 速いくらいでした。名前の由来になっているデベソ型の擬宝珠でフラップを留めるスタイルも、押さえつけるだけで留められて、引っ張るだけで外れるので、こ れもまた「速い」のです。広めのカード用の仕切りと、薄い名刺用の仕切りに分かれているのも、使いやすさと名刺が曲がらないようにという配慮の両方が同時 に実現されていたり、マチ部分を使ってカードを分類できるなど、シンプルながらよく考えてあるのです。

次のページでは、構造主義的財布の新バージョンと、小型ポーチの財布活用などを 紹介します