レザーグッズは男の大切なアクセサリー

革小物
男性がもつレザーグッズは様々。革小物は男の大切なアクセサリー・アイテムなのです。左上より、キーケース1万9950円、名刺ケース2万3100円、財布3万3600円(すべてデザインワークス) 問い合わせ/ドゥ・コートデザインワークス銀座店 tel.03-3562-8277
皆さんが携帯するレザーグッズ(革小物)には、どのようなものがありますか? 財布、名刺入れ、キーホルダー、定期入れ、ペンケース、メガネケース、タバコケースなど、その種類はさまざま。男性は、女性よりもレザーグッズを頻繁に使用する傾向にあり、男の大切なアクセサリーだと言えるでしょう。そこで今回は、レザーグッズを選ぶときのポイントについて解説したいと思います。

長財布と二つ折り財布のメリットとデメリット

まずは、レザーグッズの代表格である財布を選ぶときのポイントについて。男性の財布には、主に2つのタイプがあります。お札のサイズの細長い長財布と二つ折りにして使う二つ折り財布です。これらの財布、それぞれ使用する際にはメリットとデメリットがあります。

長財布は、男性(特にビジネスマン)が財布を取り出してお金を出すときスマートに見えます。でも、サイズが大きく、持ち運びに不便という難点も。それに比べ、二つ折り財布は、鞄の中に簡単に収納でき、パンツやジャケットのポケットにもすっぽりと入ります。、二つ折り財布には小銭入れがついているものもあり、それならばコインケースを別に持ち歩く必要もありません。ただ、人前でお金を出すとき、あまり格好よく見えないのも事実です。

スマートなのは長財布、実用性は二つ折り財布

特にスマートさを大切にしたいエグゼクティブのビジネスマンには、多少、携帯しづらくとも、長財布を使っていただきたい。ただし、長財布は大きいため、基本的には鞄の中に入れて持ち歩き、また、小銭を入れるコインケースを別に持つ必要が出てきます。

それとは反対に、二つ折り財布は、持ち運びと使い勝手のよさを重視する人にオススメ。鞄をあまり持たずに、財布だけを持ち歩く人は二つ折り財布がベターです。


次のページでは、財布の色選びと革小物の選び方について解説します。


【最新記事】
ニットのコーディネート術 JKT編
ニットのコーディネート術 インナー編
知っておきたいセーターの基礎知識