男のおしゃれ度は靴を見る

神戸の靴専門店「クインクラシコ」が東京の第2号店として新丸の内ビルにショップをオープンしました。
男性の場合、その人のお洒落の度合いを判断するには、靴を見ればよいと言います。いくら高級なスーツを着ていても足元のみだしなみができていなければ、せっかくのみだしなみも台無し。実際、靴と時計にはお金をかけるという男性は多いようです。そのせいか、最近では、30代から40代の男性の間で、高級なインポートの紳士靴が人気となっています。平均的には3万円前後の靴が売れ筋ですが、5万円や6万円もする高額な靴もよく売れているのだそうです。たしかに安い靴はワンシーズンで履きつぶすにはいいのですが、何年も履きこなすというわけにはいきません。高額なお金を払っても、丹念に作られたクオリティの高い靴をしっかりメンテナンスをしながら愛着をもって長く履くほうが、結局、経済的なのです。

名靴が見つかるクインクラシコ

今回は、そんな長くお付き合いのできる高品質なインポート靴を見つけられる靴の専門店、クインクラシコをご紹介しましょう。もともと神戸の靴屋だったクインクラシコが東京・新宿に店を開いたのは昨年の3月。そして、今年の4月には東京2号店目となるお店を新丸の内ビル内にオープンしました。このお店の特徴は、何といってもイタリアなどヨーロッパからのインポート靴の品揃えがとても多いこと。世界の名靴であるイタリアのステファノ・ブランキーニ(Stefano Branchini)、サントーニ(Santoni)、モレスキー(Moreschi)、スペインのマグナー二(Magnanni)などが取り揃えてあります。クインクラシコで取り扱っているブランドをいくつかご紹介しましょう。

次のページでは、クインクラシコのおすすめインポート靴を紹介します!


【関連記事】
■最新記事
仕立て職人のいる店 サローネ フィオーレ
人気の“木の庄帆布” 新丸ビルにオープン
ウィッチドクターで夏までに体を引き締める