こんなにもある紫外線の勘違い?

冬や薄曇の日でも紫外線は確実に降り注いでいる。きちんとした紫外線予防が必要だ。
さて、チェックリストの回答はこちら。君の紫外線の認識度はどのくらいだろうか?紫外線について勘違いしていることもかなりあるのでは?

1)日焼けは健康的である【誤り】
日焼けは僕たちの体が紫外線による被害を防ごうとする防衛反応の結果として起こるもの。残念ながら、日焼けが健康にいい効果は小さい。むしろ、日焼けは体が害されているという危険信号なのだ。

2)うす曇りの日は日焼けする【正解】
薄い雲の場合、紫外線は80%以上通過する。曇りで太陽が出てなくても日焼けするのが正しい認識。

3)水の中では日焼けしない【誤り】
水が防ぐ紫外線の量はごくわずか。むしろ、肌は水による反射でより多くの紫外線に接してしまう。

4)朝、日焼け止めを塗れば、その日一日、日焼けしない【誤り】
日焼け止めクリームの日焼け防止効果は一時的。長時間持続するものではない。丸一日は持たない。

5)太陽の光に暑さを感じなければ、日焼けしない【誤り】
日焼けは感覚で感じることのできない紫外線によるもの。暑さを感じるのは赤外線で紫外線ではないのだ。

6)冬でも紫外線対策が必要だ【正解】
スキー場などでは、雪の反射で紫外線の強さは2倍にもなるので要注意だ。

冬の紫外線が弱いのは事実。しかし、紫外線がゼロになるわけではない。なので、冬でも紫外線対策は必要だ。特に、雪の反射で紫外線の強さは2倍近くに増加するので、スキー場では必ず予防しなければならない。

このリストは、世界保健機構(WHO)が出している紫外線に関する小冊子(Global Solar UV Index – A Practical Guide)からの抜粋したものだ。紫外線について間違った認識をしていた人も多いのではないだろうか?中には、「えーっ。本当かよ。」と思わず言いたくなるような内容のものもあるが、これが紫外線の真実。

そこで疑問なのは、“なぜ紫外線がそんなにいけないのか?”“どんな害があるのか?”ということだろう。次回、「男の紫外線対策(2) 紫外線は女だけの敵じゃない!男も攻撃されている」では、紫外線についてもう少し突っ込んだ話とその悪影響について話をしよう。では、お楽しみに!


※記事の更新やニューヨークからのコラムをメルマガにてお知らせします。
登録はこちらから。


【関連記事】
なぜ身だしなみが必要なのか? 「大人のイイ男」の条件

■紫外線対策
男の紫外線対策(2)紫外線は女だけの敵じゃない!男も攻撃されている

■スキンケア
男の顔はこれで磨け!2005年 メンズ洗顔スクラブ ベスト5
イイ男になるスキンケア術(1) 男にスキンケアが必要な4つの理由
イイ男になるスキンケア術(2) 自分の肌質を正しく理解しよう
イイ男になるスキンケア術(3) 男前をつくる正しい洗顔剤の選び方
イイ男になるスキンケア術(4) イイ男は顔の洗い方で差をつけろ!
イイ男になるスキンケア術(5) 肌タイプ別!男の肌を手入れするアイテムはこれだ


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。